読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ブロガーの「シェアありがとうございます!」が猛烈にストレスな件

オピニオン ブログ論 ライフハック

ブロガーとしては、少し勇気のいる記事を今日はかきます。

f:id:dandy611:20150510131542j:plain

著作者: Andy Morffew

 

ぼくはブログを頻繁にチェックしているのですが、面白い!とおもったは記事はツイッターでシェアするようにしてます。

 

その時にブロガーから「シェアありがとうございます!」と返事が返ってくることがあります。

これが1回、2回、いや3回なら特に気にしません。

「シェアしてくれてありがとう!」っておもってるんだ。と感じる程度です。

しかし、それ以上続くと段々と重い気持ちになるんです。

 

あーこの人の記事シェアしたらまた「シェアありがとう!」って感謝されるんだろうなと憂鬱になることすらあります。

なぜそうなるかというと、

 

感謝の押し付け

こういう風に毎回返してくる人って機械的に返してるだけだろうなって感じてしまうんですよね。

本人はそんなつもりサラサラないとおもいますよ。

でも、もらう方はどうしてもそう感じてしまうんですよ。

毎回同じようにありがとう!って言われても感謝の押し付けのようにしか感じません。

 

感謝することは素晴らしい、感謝は正義!みたいな風潮ありますが、感謝されることでストレス感じることもあるんですよね。

 

あなたのためにシェアしてのではなく、自分のためにシェアしてる

感謝されてストレスを感じるのは、相手のためにやってる自覚がないからです。

ぼくが記事シェアするのは、そのブロガーのためにやってるのではなく、この記事をシェアしたら他の人に有益かなって考えたり、単に「この記事シェアしたい!」という自分への承認欲求を満たすためにやってます。

 

だから、特にあなたのためにやってる自覚が全く無いので、感謝されると「どうしてありがとうと言われるの?」と、ストレスになるんです。

 

時間と労力の無駄を感じる

「シェアありがとう!」の返事がくることによって、一瞬でもPCやiPadでその返事を見るために時間を使うことになります。

何の生産性もない返事に対して、わざわざツイッター画面に切り替えてチェックすることに時間と労力を無駄にしてしまったとストレスを感じます。

 

みなさんもスマホにメールが来て、わざわざバックから取り出して開いてみたら、ただメールを終えるための挨拶程度の内容だった時に時間と労力の無駄遣いをしたと感じる時ありませんか?

それが記事シェアするだけで毎回続くことが分かってると結構なストレスですよ。

 

毎回返事が来ても、嬉しく受け取る場合もある

ブロガーの「シェアありがとう!」について自分の意見を述べてきましたが、例外も存在します。

例を挙げると、ぼくが記事シェアした時に毎回返事をくれるトップブロガーさんです。

こんな感じで返事をくれます。

 

腹を割って生きられるとメチャクチャ楽な生き方が出来ますよね!いつも宮森さんはその視点が素晴らしいと感じております!

宮森さんがまさに自分で生き方を切り開いていっている姿はとても素敵です。私も迷いつつですが、前進していきたいです。

宮森さん、ありがとうございます。まぁ公開している以上仕方がないことですよね。正直これ以上強くなりたくないですけれどね・・・。

この返事をもらって不快になる人ってまずいないとおもいませんか?

毎回内容が違うし、短く内容を詰まらせているじゃないですか。

しかも、ぼくのことをなぜか褒めてくれてます。笑

 

こんな風に毎回変化のある返事が来たら嬉しいし、ぼくも気持ち良く受け取ります。

ちなみに、 このブロガーさん月間60万PV超えてるんです。

ただ「シェアありがとう!」の一言にせず、人への細かい配慮をずっと繰り返して来たからこそ60万PVブロガーになるんでしょうね。


「シェアありがとう!」と毎回送るブロガーはこのブロガーさんのように毎回文章を変えて相手に気持ちを伝えるように送ったらいいとおもいますよ。

そうすれば読者も気持ち良く受け取るし、継続してブログを読んでくれることに繋がるかもしれません。

 

ぼくは面白い記事だとおもえばこれからもシェアし続けますので、「シェアありがとう!」の返事は不要ですよ。

これと同じようにツイッターで「リツイートありがとうございます!」と送ってくる人もぼくには不要です。

 

ワッショイ!