読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ニートのぼくが廃人にならずにすんでる3つのセーフティーネット

オピニオン ライフハック 引きこもり生活

ニート生活も昨日で3ヶ月が経ちました。

f:id:dandy611:20150506151556j:plain

著作者: AleLa Photography

 

相変わらず外出するのはほとんど散歩の時のみ。

それ以外はブログやニュースを読んだり、動画を見まくったりしているネット中毒男です。

 

毎月ブログの収益を父に報告しているんですが、「お金」ということになると、元々保険や金融関連の仕事をしていた父の目が光ります。

 今の所、収益は本当に微々たるモノですが、この3ヶ月間は毎月1.4倍ずつくらい上がっていってるので父も特に文句はいいませんでしたが。

これからが恐いです。泣

 

時間や無駄な外部圧力が無いニート生活は楽しいです。しかし、早く稼いで脱ニートしたいと毎日淡々とブログをかいております。

 

そんなニートのぼくですが、ギリギリ廃人になっていないのは、大きく3つのことがあるとおもっています。

1、ネットでブロガーの友人ができた

外出していないからといってぼくが人と全く交流していないかというと、そうではありません。

ブログを更新している内にネットを通じてブロガーの友人ができたので、彼らと毎日交流しています。

とはいっても会話をたくさんしているワケではありません。

ブログの感想をくれたりした時に一言二言言葉を交わす程度です。

 

しかし、そんな反応があるのが嬉しいし、それだけでもぼくは社会とのつながりを感じて入れています。

ぼくには「居場所」があるとおもえるんです。

 

ネットのつながりなんて信用できないとまだおもってる人もいるかもしれませんが、ネットのつながりはリアルとほとんど変わらないくらいまで質が上がっています。

 

実際、ぼくはネットで知り合った人とぼくはリアルでも数多く会ってきましたが、ネットでの印象はそのままリアルの印象とほとんど変わらないんです。

2、ブログをやっている

ぼくがブログやっていなかったら、もうただの廃人ですね。

ブログをやっているから自分に自己肯定感を保てている言っても過言ではありません。

 

ブロガーの友人ができたのもぼくがブログを書きまくっててそこから派生して繋がりが生まれてきたんです。

ぼくが何もやってなかったら友人なんてできるワケありません。

 

ブログの好きな所は、かいてるだけで何かやった気になれる所。

記事数がドンドン溜まっていき、ヒット記事も出たりして、毎日がドラクエの経験値を貯めている気分になれるんです。

数値が明確に確認できるのはブログのメリットですね。

 

人は何もしてなかったらドンドン自己肯定感が失われていきます。

何もしていないことに罪悪感を感じていくんです。

 

自分に自己肯定感を持てない人は何か自分のやりたいことにまず手をつけてみたらいいです。

そして、それを継続すること。継続すればドンドン自分に自信が持てるようになります。

会社員や、ぼくのようなニートには、在宅でできて収益にもつながるブログは自分を変える手段としてオススメします。

 

ぼくの周囲のブロガーもブログで自分を変えたいと言っている人が多いです。

3、友人の近況をSNSで観ること

ぼくの友人は起業家やフリーランスが多いんです。

SNSを見ていれば嫌でもそんな友人たちの近況を観ることになります。

 

友人の動いている姿を見ていると自分が「置いてかれたくない」、「負けたくない」と「運動会のかけっこ」のような気分になるんです。

そんな嫉妬も入り混じった感情がぼくの原動力になって毎日突き動かしてくれています。

 

友人たちとは生ぬるい関係でいたくありません。

行動で刺激し合える関係でいたいと常日ごろから意識しています。

 

よく嫉妬してはダメとおもってる人が多いですが、嫉妬は人として健全な感情です。

人の悪口を噂で流したり、足を引っ張ったりする「行為」がいけないだけです。

嫉妬心をエネルギーに変えて自分のやるべきことの原動力にしないと人の成長スピードは遅い。

周囲に嫉妬できる人がいることはスゴく重要なんです。 

まとめ

ぼくが廃人にならずにすんでいる3つのセーフティーネットをかいてみました。

人を成り立たせるのは、コミュニティー(居場所)、やりたいこと(手段)、周囲からの刺激(競争)の3つだとぼくは考えています。

 

情報スピードが速すぎてストレスフルなこの社会では誰もがすぐ廃人になれてしまいます。

 この3つのセーフティーネットだけは崩さないように日々心がけて生きていきたいです。

 

ワッショイ!