読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【ぼくの過去の恥ずかしい写真】消したい過去を自分でさらして痛いヤツとおもわれよう!

ライフハック オピニオン

消したい過去の一つや二つ誰もが持ち合わせています。

 

勿論、ぼくにもあります。

この写真を見てもらえたら分かりやすいでしょう。

 

 

アルシンド

f:id:dandy611:20150504135224j:plain
 
逆モヒカン!!

f:id:dandy611:20150504135250j:plain 

 

最終形態!!!

f:id:dandy611:20150504135308j:plain 

 

はい、この写真はぼくは今年2月まで政治家を志していたんですが、ある時選挙にビビって九州まで逃亡してしまったんです。

そして、みなさんに大変なご迷惑と心配をかけたことの制裁としてこんな髪型になりました。

 

この写真を撮られただけでなく、このままぼくは数日間実際に過ごしたのです。

この髪型で、一人でカフェにも入りました。山手線にも乗りました。急成長しているITベンチャー企業にも乗り込みました。

 

忘れられないのは、山手線の満員電車の中、1メートルほど離れた所からボソっと、

「ねぇ、スゴイのがいるわよ。」

と女性の声で聞こえてきたことです。笑 

この時は十中八九ぼくだとおもい、顔がリンゴのように赤面しました。

 

また、東京は良くも悪くも赤の他人とは距離を置く街です。

ぼくがこんな髪型をしていてもみんな平気な顔で通り過ぎていきます。

しかし、女子3人組とすれ違うとなぜか高確率で二度見されます。笑

 

こんな変な髪型で過ごしたことを押し隠しても仕方ありません。

もうネタにして、ポジティブに不幸話を話すワケです。痛いヤツとおもわれてもいいやと開き直ってね。

そうするとなぜか不思議なんですけど、みなさん喜んでくれるんですよ。

 

ぼくは改めて認識しました。

恥ずかしい話や不幸話は他人との格好の話のネタになるとね。

そして、こんな話をしていくと人間関係も滑らかになるんですよ。

特に年上の男性にはカワイがってもらいました。

 

年上の男性はどうやら痛い後輩が好きな人が多いみたいです。母性でも働くのでしょうか。笑 よく分かりませんが。

 

消したい過去をそのまま腹の中に貯めておいても、いつか思い出して一人で胸が痛くなるだけです。

それを他人にさらしてネタにすると「あの時に痛い思いしてよかった」と過去の見え方が変わっちゃうんですよね。

 

「過去の出来事は変えられない。しかし、過去の捉え方は変えられる」ってヤツでしょうか。

 

ぼくは今まで何度も醜態を晒してきましたが、それをネタにしてこうやってブログで綴っています。

すると、ブログでヒット記事が出たりして嬉しい時も多々あるんですね。

 

消したい過去は自分の使い方によっては、大きな武器になるんです。

そんなネタがたくさんある人はブログかくことをぼくはオススメします。

 

これからもどれだけ恥さらしても、それをネタにして「痛いヤツとおもわれてもいいや」という姿勢で生きていきます。

 

ワッショイ!

 

【オマケ】

昔、本気の女装に挑戦したこともあった。渋谷ギャル風。

f:id:dandy611:20150504135556j:plain