読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

100万PVブロガーだからサロン運営ができるかというとぼくは疑問だ!

オピニオン ブログ論

世の中の流れでサロン運営が盛り上がっています。

 

サロンは収益性も高いのでブロガーでも100万PVクラスがサロン運営に着手する人が増えてくる気がします。

しかし、PVがあるからといってサロン運営に向いていると言えるのでしょうか。

ぼくはそれに疑問をいだいています。

 

サロン運営とPVは別物だとおもう

イケダハヤトさんが月額4980円でサロンを運営しています。

現在90人のメンバーがいます。

このイケダさんの姿を観て自分なら月額1000円、いや2000円なら運営できるんじゃないかとおもってるブロガーもいるかもしれません。

 

しかし、イケダさんはただブログだけ運営してきたのではないのです。

自身のブログ以外にビッグイシューオンラインの編集長も務めていますし、講演やメディア出演、ブログのワークショップも数多くこなしています。

 ブログ外で、場をプロデュースする経験値を身につけてるんです。

 

サロンはメンバーにブログを成長させる「場」を提供する一種のコミュニティーサービスです。

一過性のワークショップと違い、継続して場を刺激し続けないといけないサロンはPVとはまた別の強みが必要だとおもいます

イケダさんにはPVでは計れない独特のキャラクターと魅力が定着しています。 

 

ただ単に方法論を教えるだけであれば、ネット上に腐るほど情報は転がっています。

サロンは方法論を教えるだけでなく「育成する」というニュアンスです。

場を盛り上げ続けることに長けてないといけません。

 

名選手は名監督ならず

ぼくは中学から高校までずっと陸上部で駅伝をメインに活動してきました。

石川県内ではトップクラスの中学、高校でした。

 

全国の強豪校ともたくさん合宿をしてきましたが、その時に気付かされたことがあります。

それは、現役のころ名選手だとしても監督では名監督とは限らないことです。

なぜなら、自分が強くなったやり方が必ずしも他人には当てはまらないからです。

 

監督の中には自分のやり方を押し付ける人もいて、何人もの選手が潰れていきます。

また、その監督たちにぼくは大きく感じたことがあります。

それは魅力を全然感じなかったんです。

その人についていきたいと思えなかった。

これは選手にとってとても大きなことだったと認識しています。

 

中学時代の名監督

ぼくの中学の監督は、元々大学時代もサッカー部で陸上は未経験の先生でした。

しかし、ぼくの年代で女子で全国1位の選手を育て、その下の年齢でもいずれも女子で全国2位、3位、4位の選手を育ててしまったのです。

石川県は陸上の長距離では、全国でも弱小でした。歴史上、全国入賞者もいませんでした。

そんな石川県でたった5年の間に全国1位、2位、3位、4位の選手を育てるなんて尋常ではないことです。

 

そして、その先生は監督としても人ととしても魅力的でした。

言葉数は多くありませんし、サングラスを練習中は常にかけていて近寄りがたい時もありましたが、選手を想っている気持ちが行動の端々で伝わりました。

 

名監督には結果は必ずしも必要としないのです。

 大事なのは、「場を盛り上げる力」であり、その人自身の魅力です。

サロン運営には監督の要素が必要だとおもっています。

 

サロン向きの人

これは、ぼくの見方ですが サロン向きの人は、

 

・他人を応援するのが好き

キャラクター性がある

・粘り強い

・相手の立場を想像できる

場を盛り上げる術を知っている

 

この5点が必要だとおもいます。

サロンで人を集めるのは結果よりも、そのブロガーの魅力です。

「この人のサロンに入れば面白そう」、「ワクワクする」と興味も持たれるのが一番です。

ノウハウやPVで結果を出しているとは別の指標だとおもいます。

 

10万PVブロガーでもサロン運営できるとおもう

100万PVブロガーで結果を出したからといって、必ずしもサロン向きとは限りません。

逆に、10万PVのブロガーでも、キャラクター性があって「場を盛り上げる力」に長けていれば十分にサロン運営ができるとぼくはおもいます。

 

結局は「自身の競技力を伸ばす」のと「他人の競技力を伸ばす」のは根本的に違うのです。

他人を育てることが好きな人は時期を観てどんどんサロン運営に着手したらいいです。

 

ブロガーのほとんどが月間5000PVに達していません。

その人たちを10000PV〜30000PVに押し上げることをサロンで出来ればスゴく喜ばれるとおもいます。

 

自分自身はブロガーを本当に育成したいとおもってるのか?それに向いているのか?

ソコを見極めて着手するか判断したらいいです。

 

ぼくも将来的にサロン運営を視野に入れているので記事にしてみました。

 

ワッショイ!