読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

道端でいきなり小石投げてきた人と仲良くする?ネット上の批判は無視していい。

オピニオン ライフハック

ぼくの心の鎮痛剤&ブログ指南書であるミラクリの小林さんがまたまた素晴らしいブログをかいています。

enrique5581.net

借金記事で炎上!

ぼく最近、自分の借金ぶっちゃけ記事をかいて炎上しました。

www.miyahaya.com

丸二日ずっとスゴいアクセスが続いて、はてなブックマークのコメントはぼくの悪口や批判でいっぱいになりました。

誹謗中傷に近い批判記事もたくさんかかれました。

この小林さんの記事は、そんな批判を真正面から受けたぼくにとって感動する内容だったのです。

道端で石投げつけてくる人と仲良くする?

インターネットを見ていると「批判を聞き入れなければ成長しないぞ!」みたいなことを言う人がいますが、その言葉の意味は分かりますし、たぶん正しいのでしょう。

 

でも一つ聞きたいです。

道端でいきなり小石を投げつけてくる人と、仲良くするんですかね?

 みなさん道端でいきなり小石投げられた人と仲良くしますか?

しないですよね。ぼくなんてブチ切れてすぐに警察に通報するとおもいます。

 

つまりインターネット上で見ず知らずの人、信頼関係もない人に激しい言葉を投げつける人は、リアル社会で言えば「道端でいきなり小石を投げつける行為」と同じだ、ということです。いきなり石を投げつけられたら、めちゃくちゃ怒るか、それとも交番に駆け込むか、走って逃げるか、どれかになるでしょう。

ぼくこれ読んで思わず「へーーー!」っと納得してしまいました。

たしかにネット上の心も無い批判は、道端でいきなり石を投げられた行為と一緒です。

その証拠に何日かたった今もぼくの心はまだズキズキと痛みが。。。笑

自分の信用する人だけで周りを固めろ

人間関係を選択することは、もっとシンプルでいいんですよ。

もちろん相手にも選んでもらう必要はあるわけですが、自分が好きな人、信頼する人、尊敬する人だけで周囲を固めることができれば幸せですよ

 本当にぼくこの意見に共感です。

ぼくの周囲の人々は、ぼくがどんな人間か分かってるので、ぼくがオーバーなこと言っても理解してくれる。

そして、そんな人たちは批判なんてせずに、行動でぼくに語ってくれます。

その現状にぼくは幸せですし、こんなスリルある生活がずっと続けばいいとおもってます。

 

そうか!自分の好きな人、尊敬してる人で周囲を固めまくっていいんですね。 

もう知らん人の批判はスルーします。人間関係の無い赤の他人ですからね。

今回のように批判されても距離感とって対処してきます。

 

そして、自分の信用する人で周りを固めて、その人たちの言葉を正面から受け止めまくります。

小林さんはホンマに達観してる人ですね。まだ会ったことないですけど。笑

誰が言ったかを大切にしよう

「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」を大切にしたらいいですよ。

同じ言葉でも、自分のことを理解している人が言ってる言葉と赤の他人が言ってる言葉は全然響き方が違いますからね。

 

しかし、一つだけぼくは今回の炎上でおもったんです。

確かにぼくは今回本当に多くの人に批判されたけど、赤の他人のぼくのブログ読んで感動してくれた人もいたんですね。

その人たちの「応援してます!」の言葉はとっても嬉しかったです。

 

赤の他人に道端で小石投げられたらそりゃブチ切れます。

でも、赤の他人に道端でファンレターもらえたらメッチャクチャ嬉しいんですよ。

ネット上の応援メッセージはまさに、道端でいきなりファンレターもらったのと一緒なんです。

 

そんなことをぼくは今回の批判で感じました。

ぼくのこの言及記事も小林さんへのファンレターっす!

宮森から一言

みなさんからのファンレターお待ちしてます!

ぼくは全部読みます。

 

ワッショイ!