読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

壮大な目標を掲げる人は滑稽だけど面白い。自分の旗を立てて生きよう

オピニオン ライフハック

あなたの友人がいきなり「ピクサーを超えるアニメーション会社を作りたいんだ」と言い出したら、あなたはどう思うでしょう?

 

壮大な目標を掲げる人は応援したくなる

1、そんな無茶な話は夢物語だ!叶うワケないと否定する。

2、コイツついに頭がオカしくなっちまったとただ唖然とする。

3、素晴らしい目標だな!やってやれよ!と応援する。

 

ぼくは2と3が混ざった感じです。

頭オカシイなと思いながらも、なぜか応援したくなります。

 

目標を言うのはタダです。しかし、そのタダの行為もナカナカできない人が多いのですよ。

大きな目標を人に言えるだけで、その人には何らかの可能性を秘めているとぼくは思うんですね。

 

 はじめに目標ありき

正直、そんな壮大なことを言う人は滑稽だとおもいます。笑

ただ、考えてみれば今まで結果を出し続けた人もはじめはそうやって滑稽に思われてきたのですよ。

ただただ夢物語を人々に語りまくって自分を鼓舞し、他人を巻き込んで来たんだす。

ソフトバンク孫正義さんも以下のように言ってますけど。

最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。そこからすべてがはじまった。

 やっぱりはじめは目標だとおもうんですよね。

ソコがないと周囲はその人の何を応援していいか分かんない。

他人に「コイツのここを応援しよう」という「他者と共有できる目標」を作らないといけません。

 

それを会う人会う人に言いまくると確率論で応援する人はするし、しない人はしないだけです。

目標を持つ人は、応援する人を大切にして母数を大きくしていくことだとおもいます。

 そうすれば色んな可能性が広がってくる。

はじめに目標ありきなんですよね。

 

旗を立てて生きよう

壮大な目標を語る人に会うとぼくは面白いとおもってしまいます。

もしかしたら、その人が本当にそうなるかもしれないし、たとえならなくても、それはそれで面白いんですよね。

 

ぼくも今実践してるのがまさにそれで、ブログのプロフィール記事にも「プロブロガーを目指してます」とかいているし、会った人には「プロブロガーになりたいんだ」と言ってますね。

そうやって自分の目標を他人に口に出すことで、ブログ読者や応援者も増えるかもしれないですから。

 

よく「自分の旗を立てろ!」といいますが、ぼくは「プロブロガーになる」という旗を立てているんだとおもいます。

旗を立てれば、その旗に興味を持った人々が集まりまって、いずれは集団効果が生まれます。

人の目標が叶う時というのは、自分だけの努力ではなく不特定多数の誰かの力が必ずあって、その力が結集し、結果として現れた時なんです。

 

叶えたい目標があるなら、ぜひ旗を立てることをオススメします。

旗を立てることに能力の有る無しも、経歴も、現在の実力も関係ありません。

やりたいか、やりたくないかだけです。

 

ワッショイ!