読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ぼくが無闇やたらに相互フォローでフォロワーを増やさない3つの理由。

ライフハック ブログ論 オピニオン

ブロガーならば誰しも自分のブログを多くの人の目に触れたいとおもうのではないでしょうか?

 

「多くの人に目に触れさせるだけ」なら簡単な方法があります。

その一つが、ツイッターでやたらとフォローしまくって、フォロワーを増やしまくればいいのです。

よくツイッターでは「相互フォロー100パーセント」とプロフィールやツイッターネームにかいてる人がいます。あのような人々や不特定多数の人をフォローしまくればいくつかの人はフォロー返ししてくれます。

そして、フォローしてくれない人のフォローを外して、また違う人をフォローする。

それを地道に繰り返せば、簡単にフォロワー数は数万人単位まで増やすことができます。

 

それだけフォロワーが増えた段階でブログをかけば、ある程度の閲覧数は望めるでしょう。

 

しかし、ぼくはそれをしません。

 

読者を信用できない状態をつくりたくない

ぼくはブログをかくのは、自分の伝えたい想いがあるからです。

ぼくは社会をもっと面白くしたい、寛容にしたいと望んでいます。

その為には「思想」がとても重要になってくるんです。ぼくは、自分のブログを通して、その思想を伝えています。

 

幸運なことに、ここ10日間だけでも、ぼくのツイッターのフォロワーは30名ほど増え、ぼくに何らかの関心を持った読者が増えてきました。

ぼくのブログを読んでくれてる読者の人々は、Facebookでも言いましたが、ぼくなんかよりも余程マナーがあり、節度を持った方々ばかりです。

そんな読者を信用できるお陰もあって、ぼくはブログにも挑戦的に望めるんです。

 

ぼくは、数字のために人を信用しにくい状態に自ら向かって行きたくないんです。

ぼくが不特定多数の人をフォローしまくって、たとえ多くの人にブログを読まれたとしても、何者かもよく分からない人々に向けてでは、ぼくはこんなに挑戦的に情熱的にもなれないです。

 

熱狂的なファンの凝縮された100万PV級ブログにしたい

今日、ミラクリの小林さんの記事に感銘を受けました。

 

密度の薄い100万PVブログ

「ブログで50〜100万PVを目指します!」と言う人は多いですが、実際ぼくもそこまでは育てようとしています。しかしフォロワー数、読者数、アクセス数(PV)という見せかけの数字にそこまで意味は無いとすればどうでしょうか?

 

運良くそこまで育ったブログメディアでも、記事が拡散され、多くの人に影響をあたえることはできないでしょう。そして「ブログで稼ぎたい」と考える人にとっても、PVは伸びたのに収益は伸びない…みたいなことになります。これは商売の仕組みから考えても当たり前のことですね。

 

熱狂的なファンで埋め尽くされた10万PV

アクティブなファンで埋め尽くされた10万PVならどうでしょうか?

熱狂的なファンが何記事も読んでくれて積み上がった数字であれば、サイトのパフォーマンスとしては非常に高いものになります。そして「ブログで稼ぎたい」と考えている人であれば、ファンが多ければ多いほど単価は上がるんですよ。

参考記事:ブログで育てるのはPVよりも「影響力」:メディアには「人格」が宿る – ミラクリ

 

 

 まさに、ぼくが目指したいのは後者です。

ツイッターのフォロワー数を増やして、無闇に閲覧数を増やしても、そんなの見せかけの数字ですからね。

 

ただ、ぼくは10万PVでは全然足りないのでもっともっと上のPVを目指します。

たくさんのファンに凝縮されたお陰で積み重なった100万PV以上のブログを作りたいんですね。

その為には大変な時間と労力がかかるとおもいますが、望むところです。

ぼくのブログのメインテーマは、「人生は物語、ライフスタイル全てがコンテンツ」ですから。

その過程も全てコンテンツに昇華させてやります。

人生をもっと面白おかしく生きたいから

最後はとても単純なんですが、近道をせずに遠回りした方が人生は絶対楽しいとおもうからです。

近道して100万PVブログなんて数字だけつくっても、後には虚しさだけが残る気がするんですよね。

だったら、自分に理解のある多くのファンを構築していってその積み重ねの結果で100万PVまで行ったら、ぼくだけでなくファンの人たちも喜んでくれるかもしれないじゃないですか。

 

ぼくね動物占い「羊」なんですよ。羊はね、根っからの「寂しがり屋」なんです。笑

一人でいるのが嫌で常に集団でいたい性分らしいです。

ですから、ぼくは自分の目的が達成された時に自分だけでコソコソ喜ぶのが苦手です。笑

言い方おかしいかもしれないんですが、誰かと一緒に喜べ合えたらいいなとおもうんですね。

もしかしたら、そういった喜び合えるコミュニティーを今は地道に作っていってる段階かもしれませんね。

一人でコソコソ喜べるのもイイとおもうんですけど、ぼくの場合はそっちの方が人生面白いと感じるんですよ。

 

これはもう完全に理屈じゃなくて直感ですね。

 

以上の理由から、ぼくは、ツイッターのフォロワーは無闇に増やしません。

これからも地道にやっていきますよ。

 

ワッショイ!