読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

世の中は愛憎で溢れている。価値のない物に人は嫉妬しないことが分かった

ライフハック オピニオン

ぼくは最近、世の中ってマジで愛憎で溢れまくってるなと感じています。

 

愛も憎も実は似たような感情なんですよ。

それは、その人に興味があるからなんです。

興味が無い人間に、人は愛の感情も憎しみの感情も抱けません。

 

その人に近づきたい。もっと可愛がられたい。もっと仲良くなりたい。

そんな人間の欲望が愛や憎しみを掻き立てるのです。

 

代表的なのは、著名人や起業家がある固定の人を名指しで褒めると、確実にその周辺では嫉妬が起こります。

あの人は、ぼくのことをどう思ってるんだろう?ワタシよりもあの人の方がカワイイってこと?そのような感情が生まれるんです。

 

ですから、愛憎が起こるというのは、その人の影響力が大きく関係しています。

その人の影響力が増せば増すほど、その人の取り巻く社会は、愛憎の入り組んだ世界で混沌としているのです。

 

逆に言えば、価値の無い人間には愛憎も生まれなければ、誰も見向きもしてくれません。

社会で活躍したいのであれば、まず自分の価値をつくり、人に求められなければならないのです。

 

不特定多数の人に嫉妬されるということは、それだけであなたが影響力がついた証だとおもっていいです。

影響力を付けばつくほど、身近な人々はあなたに嫉妬し、本当に嫌う人も出てくるでしょう。

あなたはそれにショックを受けるかもしれません。しかし、そこからは逃れられないのです。

そして、その嫉妬から目を背けず、立ち向かい、自分の道をただただ突き進んでいくしかありません。

 

影響力がついてくると誰を褒めたり、誰の背中を押すのかも重要になってきます。

適切な人を褒め、応援しないと変な感情を持った人々に足元をすくわれかねません。

自分の突き進む道を邪魔されない為にも、適切な人を応援しましょう。

 

また、あなたが相談に乗った人があなたに対して後ろ向きなことを言って、現状維持を勧めるならば、その人への相談は聞き流していいです。

その人は確実にあなたに嫉妬し、あなたの成長を止めようとする人です。

あなたの背中を常に押してくれる人に相談を促すように心得ましょう。

 人は前に進むか、後ろに下がるかしかないのです。

前進を後押しできない人間はハッキリ言って信用できません。

 

自分が影響力をつけようとすればするほど、自分の取り巻く環境は人間の欲望で溢れます。

それは決して悪いことではなく、それが人間の本来の姿なのです。

人は表面ではいくらでも取り繕えますが、内面では誰しもが激しい感情を燃え上がらせています。

影響力がついた人間には、それがただ表面化しやすいだけの話です。

 

ただ、人の深い感情に触れた時にしっかり対応できなければ、船が沈没してもおかしくないので、ちゃんと対応できる準備は心得ることだとおもいます。

自分の影響力がついた時は、自分自身でマネジメントできないと本当に精神病に陥ってもおかしくないとおもいます。

 

あなたがもし影響力をつけたいなら、相当ハングリーな世界になるのでそれなりの覚悟を持たないと生き残れません。それだけは認識しておいた方がよろしいです。

 

「社会は愛憎で溢れまくってる」ぼくは今、そうヒシヒシと感じています。

だから、生きてて面白いんですけどね。

 

ワッショイ!