読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

他者への「嫉妬」は自分を成長させる「劇薬」である。

ライフハック オピニオン

ぼくは人間は、どこまで抜け出ても他者との比較から抜け出れないとおもっています。

f:id:dandy611:20150326211922j:plain
著作者: Amateur.Qin(秦)
 

その中で起きるのが嫉妬です。

改めて嫉妬とは、

・自分より優れた人をねたむこと。
・自分が愛する人の愛情が、自分以外の人に向けられるのを恨み憎むこと。
・自分にとって重要な人、ものが他者に奪われる不安、恐怖により引き起こされる感情。

引用元:Wikipedia

今回の記事は「自分より優れた人をねたむこと」についてかいています。

 

ぼくは毎日嫉妬している

ぼくも他者のブロガーの記事を読んで、「どうしてこんなに分かりやすい文章がかけるんだ」とか、「この記事はぼくが、かきたかったことだ!ヤラレター!」っといつも一喜一憂しています。

毎日、ぼくもたくさんの人に嫉妬しているのです。

しかし、嫉妬は一見ワルイものに思われがちですが、ぼくはそうではないとおもっています。

 

嫉妬がワルイのではなく、嫉妬して他人を妬んだり、悪口を言ったり、足を引っ張ったりするのがワルイことなのです。

 

嫉妬する人間を尊敬しよう

ぼくは嫉妬している人には尊敬の念を置いています。ぼくもあんな風に面白い文章かけるようになってやるんだ!と思い直す機会をもらったと感じているからです。

 

嫉妬するくらいの人は自分にとってよほど重要です。自分が無いモノを持っていたり、自分が成長していく延長線上にいるような人たちなのです。

 

そういった人たちに対して意固地に感じることは全く無いです。

むしろ、嫉妬の念を受け止めて、その人を賞賛し、もっと他人に知られるように応援するべきだとおもいます。

嫉妬している人間に敵意ではなくリスペクトの念を持ちましょう。

 

嫉妬は自分を成長させる劇薬になる 

ぼくは毎日いろんな人に嫉妬して、自分はまだまだだと戒めています。

そして、嫉妬で湧き上がった感情を自分のパワーに替えています。

嫉妬は、使い方を誤らなければ自分を成長させる劇薬になるのです。

 

何も感じない日常には成長も生まれません。

他者との繋がりで生まれた湧き上がった感情全てを自分のやるべきことのエネルギーに転換させることで、人は行動でき、前進の一途を辿るのです。

嫉妬もその重要な感情の一つであり、とりわけ感情の中でも強いモノです。

 

多いに嫉妬し、自分のやるべきことのエネルギーに

嫉妬は人間の正常な感情なのです。嫉妬心の無い人間などいないですし、もし、いたとしたらそれはそれで問題です。

人は多いに嫉妬していいんです。

嫉妬しちゃダメだと人は背徳感を持ち、ブレーキを踏みます。

ブレーキを踏むのではなく、その嫉妬心を適切に使えばいいのです。

 

ぼくはある日、トモダチの余りの前進ぶりに嫉妬した時があってハッキリと言ったことがあります。

「あなたが羨ましいな。ぼくは今あなたにとても嫉妬している」と。

嫉妬心を自分でグチグチ持ち続けたりすると、意識が他者にばかり向いてしまい行動の妨げになります。

嫉妬している。とハッキリ言うくらいが清々しく、良好な人間関係を築けるのです。

 

嫉妬心というとてつもないエネルギーを他者の足を引っ張るのに使ったりするのは本当に勿体ない話です。

嫉妬心を自分のやるべきことに集中させて活用してみてください。

きっとあなたの劇薬になり、自分の大きな成長につながるはずです。

 

ワッショイ!