読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

読書をしよう!読書をすれば気分が良くなる、気分が良くなれば人生は良くなる。

オススメ本 ライフハック オピニオン

ぼくは毎日、読書をしています。

 

昔から読書好きなのですが、今までは自分がまだ知らない新しいことを知るために読書をしていました。

今も勿論それはあるのですが、それ以上に読書によって効果があることがあります。

 

それは「読書」をすると気分が良くなることです。

ぼくは一日中部屋で引きこもって生活をしています。

部屋で一人切りだと、どうしても気分がいきなりドヨーンとすることがあるんです。

「もう何もしたくない!」という気分に陥ることもあります。

そんな時に、ぼくはすかさず読書をします。

 

そうすると感情がドンドン高ぶって来て、さっきまでのドヨーンは何だったんだ?という位回復するんです。

「読書をすることで脳みそに栄養がいって、気分が良くなるのだ」とぼくは勝手な解釈をしています。笑

気分が良いと人生にも良い影響を与えます。

 

昔から「笑う角には福来たる」というように、気分が良い状態だと運が自分に回ってくるのです。

気分が良い人間の波長は、人に乗り移り周囲を元気にさせます。

他人に良い影響を与えることで、結果的にその人に運が付いてくるのです。

 

ですから、ぼくは気分が良いということをとても重要視しています。

気分が悪い状態でブログをかいても人に影響を与えられる記事などかけません。

人間の感情は文章から透けて見えるモノです。

ですから、ブログをかく時も、できるだけ気分の良い状態で向き合うように工夫しているのです。

読書は、その為の良好な手段ということです。

 

ぼくがエネルギーの回復用に推し進めるのは、岡本太郎です。

岡本太郎の言葉は、もう腹の底から魂を出しているので身体がビンビン反応するのです。

言葉集が特にオススメです。

 

自分の好きな音を勝手に出す、出したい音を出したらいい。

 

 

なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ。

 

 

まっさらな目をもて!そして目的を捨てろ!

 

自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。

 

 

「こういもの」を描きたい、描くべきだという情熱が起こるまでは、ぼくは絵描きではない。

 

いつも危険だと思うほうに自分を賭ける。それが生き甲斐だ。

 

極端にいえば、わざと破滅につながる道、死に直面する道を自分で選んできた。

 

 

芸術なんて、道ばたに転がっている石ころと等価値だ。

芸術に憧れたり、芸術が大変なものだと思っているやつに

芸術家がいたタメシはない。

 

 

今、この瞬間、まったく無目的で、無償で、

生命力のありったけ、全存在で爆発する。

それがすべてだ。

そうふっきれたとき、ひとは意外にも自由になり、

自分自身に手ごたえを覚える筈だ。

 

 

素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、

世界はふくらまない

 

 

やりきれない。

でも、だからこそ行動するんだ

障害を全身で受けとめて、逆に生きがいにしてしまうんだ。

 

 この言葉たちは、岡本太郎の「壁を破る言葉」からすべて引用したモノです。

この本を19歳の時に買ったんですが、もう10年近くずっと辛い時になったら読みふけっています。お世話になりまくってる良著ですね。

 

みなさんもぜひ、気分を良くする為に読書したらいいですよ。

人生がとても良くなります。

 

ワッショイ!

 

壁を破る言葉

壁を破る言葉

 
壁を破る言葉

壁を破る言葉