読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

見城徹氏著「たった一人の熱狂」。自分の熱狂の小ささにねじ伏せられる一冊

オススメ本 ライフハック

幻冬舎社長 見城徹さんの新刊 「たった一人の熱狂」を読了。

メッチャクチャ面白かったです。

いやあ、見城は濃い。血も涙も汗も濃い男だー作家 村上龍

人生、経営哲学、ぼくはその全てを見城さんに教わったー(株)サイバーエージェント社長 藤田晋

 と本の帯にビッグネーム二人のコメントがありますが、見城さんの著書は今までほぼ全部読んでるんですけど、もう濃いんですよ。

見城さんの人生がそのまま本に憑依している感じで、読んだ人を熱狂させます。

かなり中毒性ある本です。

仕事人や悩める人には、マジでオススメ。ぼくの気になった部分を抜粋します。

結果が出ない努力に意味はない

努力することに意味があるなどど言うのは単なる人生論であって、仕事に関して言えば「成功」という結果が出ない努力に意味はない。いや、そう考えるしかないのである。

僕の口癖は「これほどの努力を、人は運と言う」だ。幻冬舎からベストセラーが出たり、新しい事業が成功すると、「運がいいですね」と言う人がいる。

そんな時、僕は「おかげさまで運がいいんですよ」と返しながら心中で舌打ちする。

「俺はあんたの100倍地血を流し、努力しているのだ」と独りゴチる。

 

圧倒的努力とは何か。人が寝ている時に寝ないで働く。人が休んでいるときに休まず働く。どこから手をつけたらいいのか解らない膨大なものに、手をつけてやり切る。

「無理だ」、「不可能だ」と人があきらめる仕事を選び、その仕事をねじ伏せる。

人があきらめたとしても、自分だけはあきらめない。

 

こうした圧倒的努力は、当然のことながら苦難を極める。辛さでのたうち廻り、連日悪夢にうなされることもしばしばだ。

だが、僕は圧倒的努力をやめない。覚悟を決め、自分がやるべき仕事と対座する。憂鬱でなければ、仕事じゃない。毎日辛くて、毎日憂鬱な仕事をやり切った時、結果は厳然とあらわれる。

 

今でこそ会いたい人に会えるようになったが、僕だって最初は誰からも相手にしてもらえなかった。

この世には二種類の人間しかいない。圧倒的努力を続ける人と、途中で努力を放棄する人だ。苦しくても努力を続ければ、必ずチャンスは巡って来る。

死ぬ気で努力するから、大きなチャンスをこの手でつかめるし、圧倒的努力が重なった時、初めて結果が出るのだ。

スランプに浸かれ

人生の中でスランプなんていくらだってある。

スランプから抜け出す方法やコツ、HOW TOなんてあるわけがない。

しかし、どれだけ落ち込んでも、人は1年も2年も落ち込み続けてはいられないものだ。

2週間も沈み込んでいるうちに吹っ切れる。落ち込んでいる自分と対峙し、スランプに肩までどっぷり浸かったあとは、勢い良く飛び出せばいいのだ。

 

何をやっていても無駄な時間などない。過ごした時間は必ず先に活きて来る。

当面、無駄な時間に思えても、自堕落な時間を貪っても、必ず意味を持ってくる。

起こっていることは常に正しいのだ。

 

一度大きな失敗をすれば、誰だって自信を失ってしまう。

長いスランプに見舞われたアスリートは、どうやってスランプを克服するのか。

とことん落ち込み、スランプを直視し、また目標に向かって圧倒的努力をするしかないのだ。圧倒的努力は岩をも通す。

 

「自分はこれだけ努力した。やれることは全てやったのだ。」と自分に言い聞かせ、戦いに臨めばいい。

自分を直視し、自分をごまかさずに辛い道を進んでいけば、必ず結果はでる。

圧倒的努力に基づく結果が10貯まった時、君はまわりの世界を動かし始めるだろう。

圧倒的努力に基づく結果が100貯まった時、業界における君の評価が確固たるものへと定まる。

圧倒的努力に基づく結果が1000貯まった時、君はリビング・レジェンドー伝説の人になるのだ。

スランプにとことん浸かり、圧倒的努力とともに再び這い上がればいいのだ。

 

心に決めた人を裏切るな

小学館から出た矢沢永吉の単行本『成りあがり』は、ぼくが角川書店に入社した頃の大ベストセラーだった。当時は小学館に文庫はなかったから、当然、文庫本は、小学館の系列会社である集英社で出るものと誰もが信じて疑わなかった。

しかし、角川春樹さんは「見城『成りあがり』を角川文庫に持って来れないかな」と言う。

 

誰もが考えもせずに「それは無理でしょう」と答えるはずだ。大ヒットした『成りあがり』は、当然のことながら集英社で文庫化するに決まっている。そのルールをひっくり返えすなんてことは業界の常識としてありえない。

だがぼくは「分かりました」と言って正面突破で交渉を始めた。

 

その当時、ぼくは最高トップである角川春樹さんとの信頼関係を死守し、どんな難題も可能にして見せると心に決めていたのだ。

 

矢沢永吉の事務所を訪ねて毎日毎日しぶとく交渉を重ねるうちに、とうとう事務所の社長は根負けしたらしい。

角川で文庫化する替わりに、常識では考えられない条件が提示された。映画館や予告編やテレビのスポットにコマーシャルを打てるかと言って来たのだ。

文庫本で通常そんな宣伝をするなんてことは、通常で考えられない。

 

しかし、あきらめきれない僕は会社へ戻ってから原価計算してみた。すると文庫本が50万部売れれば、それだけの宣伝費を投入しても十分ペイすることが解った。

ぼくの中では2割の不安が残っていたわけだが、50万部どころか、100万部のミリオンセラーを狙えるという確信も8割方あった。

 

もし、50万部を達成できなければ、テレビや映画館で打った広告費を回収できず大変な責任問題にになる。

臆病と不安に怯えながら、「やるしかない」と僕は決断した。こうして僕は、小学館から角川書店に『成りあがり』を強奪したのだ。

結果的に『成りあがり』は100万部を超えるベストセラーになった。CM出稿料は悠々と回収し、矢沢永吉角川書店も大きく潤った。

不可能を可能にする僕の戦いの原点は、『成りあがり』をめぐる正面突破の交渉にある。

 

「たった一人の熱狂」見城徹の圧倒的熱狂の叫びをご覧あれ

いかがでしたでしょうか?

見城さんの言葉には、圧倒的努力を続けた重みがズッシリ伝わってきますね。

ぼくも見城さんの本を読んで、仕事に対してどれほど熱狂できるかが勝負だということを勉強しました。

 

この本は、見城さんの仕事と人生に効く51の言葉がかかれています。

角川の伝説の編集者から、独立して幻冬舎を日本有数の出版社まで育て上げた見城徹さんの熱狂の叫びをどうぞご覧なってください。

かなり刺さりますよ。

 

ワッショイ!

 

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

 

 

見城さんの良さはこの記事だけでは語れなかったので、続きの記事をかきました!

 

www.miyahaya.com