読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

月100記事がプロブロガーの道?だったらその予想を上回ろう!

ライフハック ブログ論 オピニオン

ブロガーはとにかく量を追求しろと言われます。

 

名だたるブロガーの多くは圧倒的な量を生産して、プロブロガーとして生計を立てています。

ぼくもニートながらプロブロガーを目指しています。

今はブログ開始して、まだ2ヶ月経っていません。

初月は100記事更新しました。

 

今日。丁度このような記事を読みました。

www.allbloggerdayo.com

周囲が100記事と言うならそれを上回ろう

プロブロガーを目指す者として「月間100記事」は一つの暗黙のラインだとおもいます。

周囲が100記事かくのが大事!といってる中で100記事かいたとしても、ぼくはそんなにその人成功しないでしょ?とおもうワケです。

 

周囲が100記事かくのが大事だと聞いたら、その基準を上回ることが大事です。

周りが100記事だと言うなら、月間110記事、120記事生産できないといけないとおもいます。

 

仕事でもそうじゃないですか。仕事を依頼されて依頼通りの仕事をしてもそれなりの評価しか受けません。

結果を圧倒的に出す人間は、いつも予想を上回ったことをしています。

周囲が驚くくらいのことをやらないと結果はついてこないんです。 

 

今は目に見えない差でも、時が経てば差は歴然と現れる

この記事は自分にも戒めを込めてかいています。

ぼくは暗黙の基準をそのまま守るに留まらず、その予想を超えた人間には自分のアイデンティティーがあるとおもいます。

そして、このアイデンティティーが、後のその人の人生を大きく左右するとおもいます。

今、この瞬間では目に見えにくい差かもしれません。

 

ブログ読者からすれば、100記事生産するのも、110記事生産するのも大して変わらないとおもうかもしれない。

しかし、数値では1年間で120記事の差を生み出します。

長い時が経てば、数値でも明らかな差がでますが、精神ではもっと大きな差が生まれます。

 

100記事更新やれといって100記事やった人間と110記事やった人間では、過程においての自信が違うんです。

前者は「言ったことをしっかり守ってきた」、後者は「言われたことの予想を常に上回ってきた」ですからね。

この違いは大きいです。

勝負事に差し掛かった時に、守ってきた人間と攻めてきた人間では姿勢に明らかな差が出ます。

前者は予想外の出来事にビビる、後者は予想外にも冷静に対処できる確率が高い。

どちらが勝負強いのかは明白です。

今は目に見えにくい差でも、時が経てば差は歴然と現れるのです。

 

というワケでブロガーは100記事更新が大事と言われたらそれ以上の数を積み重ねましょう。

ちなみにぼくは今月98記事かいてて、これが99記事目です。

今月120記事は超えそうなペースです。

自分の未来を信じて、お互いプロブロガー目指してやってやりましょう!

 

ワッショイ!