読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【自分の伸びしろを理解しているか?】失敗を恐れる心と向き合う方法

オピニオン ライフハック

サッカーの本田圭祐選手が「伸びしろ」を多用しているのは有名です。

f:id:dandy611:20150324102708j:plain

あなたは自分の伸びしろを理解していますか?

伸びしろは羅針盤

もし、漠然としているなら今すぐにリストアップした方がいいですよ。

ちなみにこちらがぼくのブログの伸びしろです。

  • ブログページのつくりが甘い
  • アフィリエイトを導入していない
  • 石川県ネタをもっと発掘できる
  • インタビュー記事を導入していない
  • 朝の時間帯にブログ更新していない
  • フォロワーが少ない
  • あと1日2記事は増やせる

 

収益面や記事内容、記事更新数からいっても課題がまだまだ山積み。

この伸びしろは、船の航海でいう「羅針盤」の役目になるんです。

羅針盤がないと船はどっちに進んでいいか分かりません。

また、羅針盤が北を指してるのに、南に行ってしまっては目的地とは全く違う場所に行ってしまいます。

やりたいことのために、やりたくない事もやらないといけない時もある

自分の伸びしろを見つけて、その改善に努めることで船は目的地にグッと近づきます。

ぼくの課題である「ブログページのつくりが甘い」や「アフィリエイトを導入していない」は、技術的な要素や知識がいるので、はっきり言って苦手分野なんです。

 

しかし、苦手だからといって、いつまでも見ぬふりをしてジタバタしても一向に船は動きません。

自分の本当にやりたいことの為には、やりたくないこともやらないといけない時があるんですね。

みなさんもぼくのように、「これをやれば成長できる、だけど面倒くさい」とおざなりにしていることがたくさんあるのではないでしょうか?

一番の敵は自分の怠け心

自分の一番の敵は、今いる環境でも、この社会でもなく「自分自身」です。

人は時として、自分の成長を自分で殺していることがあります。

特に最も多いのが「面倒くさい」という自分の怠け心です。

 

この怠け心とどうにか向き合わないといけないんです。

ただ、直に向き合おうとおもっても、向き合え続けれる人は少ないとおもいます。

これにも工夫が必要です。

人は失敗を恐れるけど、殺されるワケじゃない

怠け心と向き合うには、うまくいかせようとばかり考えず、とりあえずやってみようの精神が大事です。

ほとんどの人が課題をしようとしないのは、失敗するのが恐いからです。

やる前から自分の失敗した映像が脳裏に浮かんで、失敗するかもしれないなら現状維持でいいやと無意識に考えてしまうんです。

 

失敗を恐いモノと考えている人は恐ろしく多いですが、実際失敗しても殺されるワケではありません。

周囲からの失望もありますが、大半は自分にとってどうでもいい人ばかりです。

自分にとって重要な人には礼儀を守れば理解してくれる人が大半です。

失敗があるから大きな成功が生まれる

ぼくも失敗したくて失敗してるワケではないですが、今までの多くの失敗を今は全く後悔していません。

むしろ、失敗から多くを学べたので、良かったとおもってます。

失敗は成功以上の経験値を吸収できるので、ワルイものでは全くないんです。

 

ぶっちゃけ成功ばかりしている人は、いつまでも自分の許容範囲の中でしか動いてない人です。

成功し続けても、それなりの成功しか生まれません。

失敗があるから、より大きな成功が生まれるんです。

死ぬこと以外はかすり傷

ぼくの好きな言葉で「死ぬこと以外はかすり傷」という言葉があります。

まさにその通りで、死ぬこと以外はみんな経験になるし、あっても傷程度なのです。

その内、カサブタになって、もっと時間が経てば自然に癒えます。

そして、よりたくましい自分になるんです。

 

失敗には、ぼくもビビってるんですが、ビビりながらやってたらいいんですよ。

ビビってないように見える人も内心ではビビりながらやってますので。

人間そこまで基礎の能力は大きく変わらないんです。

 

人を大きく別れさせるのはやるか、やらないかの選択だけです。

自分の伸びしろをリストアップして、その伸びしろを面倒くさがらずに改善しましょう。

ぼくも大苦手な技術分野に着手しようとおもいます。

 

ワッショイ!