読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

宮森はやとって何者?プロフィールつくりました!

プロフィール

f:id:dandy611:20160702100021j:plain

グーグルで「宮森はやと」と検索する人が増えてきたので、プロフィールつくりました。

 

ぼくは1986年生まれの石川県出身。

現在は、東京でプロブロガーとして活動しています。月間読者は35万人。

プロフィールとしてぼくの半生を綴りたいとおもいます。

撤退ばかりの人生。

中学、高校は陸上部(長距離)に所属。

意外とがんばってて個人で地区大会出場、駅伝では中高共に全国駅伝に出てました。

勉強も進学校には行けるくらいでしたが、陸上をがんばりたかったので私立の強豪校に特待生で行きました。

 

陸上は高校で引退。関西の龍谷大学に進学し、ダンスサークル、ファッションサークルに入ってました。

が、大学生活にいろいろ疑問を感じて一年半で中退。

ここから撤退人生スタートです。

 

数ヶ月スーパーでバイトして学費を貯め、東京の文化服装学院という服飾の有名専門学校に入学。

これも「ぼくはファッションは好きだけど、将来ファッション業界の道に行くことはないな」と痛感して一年で中退。

 

その後、居酒屋のホール、掃除、引越し、テレアポ、販売の仕事を転々とします。

営業系の仕事に向いてて給料も良かったのでソッチ系が多かったです。

業績もトップクラスでしたが、一旦仕事に慣れるとどこかツマらなくなってしまい辞めてました。

テレアポをやってる時に、上司に引き抜かれてベンチャーの立ち上げに加わったり、友人と移動販売のお店も立ち上げましたが、どちらも途中で辞めます。

 

社会活動家と名乗り、起業家 家入一真さんの講演会やホームレスの結婚式を開催する

今までの撤退経験から、自分主導でやるのが一番いいと気づき始めました。

また、「もっと人に喜んでもらえることがしたい!」とヒシヒシ感じてたので自らを「社会活動家」と名乗り出します。

自分の半径5m以内に見える風景を「社会」とみなして、人が喜ぶことをトコトンやっていこうと決めたのです。

 

それで学生と社会人を繋げる飲み会やクリエイター同士を繋げるパーティーを開催したり、その人の刺激になりそうな人を紹介しまくったり、フリーペーパーの取材班としても活動しました。

 

しかし、もっと大きいことをやりたいと一大発起。

都知事選にも出馬した連続起業家 家入一真さん、プロブロガーイケダハヤトさんの講演会を主催しました。

ぼく初めての講演会主催でしたが、会場は満員御礼でした。

f:id:dandy611:20150321112351j:plain
 
f:id:dandy611:20150321112407j:plain
 
 ホームレス小谷というホームレス(本当に家無しです。)がツイッターのフォロワーと交際0日で突如結婚し、その結婚式を遊園地の「浅草の花やしき」を貸し切りで執り行いました。

このプロジェクトの中心メンバーとして活動。

ホームレスなので当然お金は一切なく、資金をクラウドファンディングで150万円以上集めました。TBSの取材も来ました。

f:id:dandy611:20150321112521j:plain
 
f:id:dandy611:20150321114847j:plain

 

政治家になろうと動き出す

2014年5月末、友人の勧めもあって渋谷区の区議会議員に出馬しようと動き出します。

政治家ですから、人にたくさん会って自分を知ってもらわないといけないません。

っで、せっかく出逢った人々なので、ぜひそれを形として残したいと感じ「1000人の応援メッセージ集め」を企画します。

毎日、誰かとあっては、自分が政治家になりたい想いを話しまくり、初対面の人からも応援メッセージをもらってました。

月間で150人くらい新しい人と会ってましたね。

 

突如、家無し野郎に!

f:id:dandy611:20150321112637j:plain

政治活動の合い間にパチンコ店でアルバイトしながらぼくは暮らしていたのです。

しかし、時間も奪われますし、人とはたくさん会ってましたが、数ばかりにこだわりすぎて、しっかりコミュニケーションできている気がしませんでした。

 

それでもう家を無くして、仕事も辞めて24時間人に会いまくる画策を立てて実際に行いました。

「家無し政治家」です。

当時、友人とシェアで暮らしていたんですが、家を出るので半年分の家賃払ったら全財産20000円になりました。笑

そのこともフェイスブックに発表したら、みなさん事情を分かってご馳走してくれたり、家に泊めてくれたりしました。

ちなみに泊まる場所が見つからず、2回代々木公園で野宿も経験してます。笑

 

家無しで政治活動している人間なんかやっぱりいないみたいで、たくさんの面識ない人からSNS越しで連絡がきて会いまくってました。

毎日、新しい人と深くコミュニケーションを取りながら政治活動できたのはぼくの理想形でした。

泊めてくださった方々やご馳走してくださった方々には、感謝しかありません。

 

しかし、政治家撤退!

しかし、2014年の年末に自分の政治観が圧倒的にズレていることを思い知らされる出来事がありました。

そこでぼくは「選挙に完全にビビってしまった」のです。

そこから自分は勉強が足りないと必死に勉強しましたが、そのズレを解消できるモノではありませんでした。

ぼくは毎日眠れなくなり、それでも意地でコミットしまくって活動を続けたのです。

 

ですが、それも限界を向かえ、ついにはFacebookに謎?の書き込みを残して九州に逃亡するという事件を起こします。

友人たちから心配の連絡が殺到し、半端じゃないことをしてしまったと自分でも自覚しました。

人生で一番の醜態です。

ただ、自分のズレが生じた想いには嘘をつけないので、「政治家撤退します」とSNSで発表しました。

 

実家に帰ってニートになり、ブロガーへ!

政治家撤退後、ありがたいことにビジネスの話や就職の話も頂きましたが、それは全て断りました。

「ここまで恥を晒したら、自分の力でブレイクしないと今まで応援してくれた人々にも、自分自身にも失礼だ!」と思ったからです。

 

それで考えまくった結果、2015年の2月をもって8年間過ごした東京から実家である石川県に帰りました。

そして信用する友人から「ブログをやってみたら?」と勧められたのもあって、ニート生活しながら毎日ブログを必死にかいていました。

 

東京に突如移住!

ブログを開始して9か月。

必死にブログをかいてきたことで、ある程度自分の名前もブログ界隈では知られるようになりましたし、読者も獲得しました。

しかし、ぶっちゃけ実家暮らしでブログをかき続けることに限界を感じてたんです。

なんせほとんど人と会わず、家族くらいしか会話してなかったですから。笑

そんな時に、現在ブログ界で若手のトップであるやぎろぐの八木さんから「宮森さんのブログ最近つまらないです!もっと外に出てくだい!」というメッセージをいただきます。

 

ぼくはこれを「宮森よ!東京に行け!」というメッセージだと瞬時に認識しました。

ぼくは決めたらすぐに動いてしまう人間です。

メッセージをもらった翌日、お金も全く無かったんですが、全財産13000円だけ握りしめて東京に移住しました。笑  季節は秋、2015年11月の話でした。

 

ブロガーのためのオンラインサロンを開始!

東京に移住して4か月経った2016年3月。

ぼくがブログを開始して間もないか頃からの戦友だった「やぎろぐ」の八木さん、「今日はこれを証明しよう思う」のketaさんと共にブロガーのためのオンラインサロン「八木仁平のブログカレッジ」を設立。現在、200名近くのメンバーがいます。

 

クラウドファンディングで190万円以上の支援を獲得し、家と会社(学校)に続く第三の居場所となるシェアハウスを設立

ブログ以外の活動も開始しました。

ぼくは、自分の幼少期の体験から社会で孤独を感じてる人たちの「居場所」になるような場を作りたいとずっと思っていました。

それで起業家の家入一真さんが発案した駆け込み寺式シェアハウスである「リバ邸」を自分でも作ろうと決めます。

ぼくは、自分の気合いを込めて「ハイパーリバ邸」と名付けました。

 

そして、ハイパーリバ邸の資金を集めるためにクラウドファンディングに6人のプロジェクトメンバーと共に挑戦。無事190万円以上の支援を集めることに成功しました。

camp-fire.jp

現在、ぼくはハイパーリバ邸に住み、毎日のように来訪者の相談に乗ったり、人生について語り合い、刺激的な時間を過ごしています。

 

情熱大陸に出たい!寛容な社会を作りたい。

ぼくは本当にこれまで数え切れないほど仕事を辞めてきましたし、撤退を繰り返してきました。

ですが、それも「自分の可能性をずっと諦めたくなかったから」です。

おかげで、今ではブロガーとして独立できるまでにやっと稼ぐこともできました。

 

ぼくは「社会を面白くしたい!」とずっと小さい頃から思っています。

ぼくのビジョンは「寛容な社会を作ること」です。

社会には、引きこもりやニートLGBTといった性的マイノリティーの人たち、シングルマザー、障害者といった生きてるだけで何らかの差別を受け、孤独を感じてる人たちがたくさんいます。

もちろん、普通の人たちの中でも孤独を感じてる人は多いです。

そして、そのほとんどの問題が「価値観の違いを許せない」ことに原因があるとぼくは感じてます。

ですから、そんな個人の価値観の違いを認められる、多様性を受け入れられる、寛容な社会をぼくは実現したいのです。

そのためにぼくはハイパーリバ邸を設立しましたし、自身のブログ活動もオンラインサロンもそれに連動していきます。

 

そして、ぼく個人の目標として情熱大陸に出たいんです。

だって。。。。あの番組カッコイイんですもの。

観ててワクワクするし、勇気をもらえますよね。

 

寛容な社会を作るための活動をずっと続けていけば、どこかで情熱大陸のオファーがあるのではないかとぼくは信じています。

というわけで、もし、情熱大陸関係の方がこのブログ読んでいたらぜひ取材お待ちしてます。

 

ヤバい人間になるのでぼくを応援してください!

ぼくの半生を綴りました。

いかがでしたでしょうか?

ぼくはこれからヤバい人間になりますよ。

 

人生ってただ生きていても退屈なんです。

そして、退屈なまま生きてると人間は無性に死にたくなるんですよ。

ぼくは死にたくないので、とことん自分に正直に生きて、毎日自分をワクワクさせていきます。

 

今まで本当にたくさんの人たちのおかげで生かされています。

ぼくは環境に恵まれて生かさせてもらったので、自分の命をもっと社会のために使っていきますよ。

 

ぜひぼくを応援してください。

フォローして頂けると歓喜します!

仕事のオファーもツイッターもしくはフェイスブックで行ってますので。

 

わっしょい!

 

Twitter@Miyamo_H

Facebook宮森はやと

 

 

※「未来は変えられるの?」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。