読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

今は、まだ名も無き才能者たちへ。

オピニオン ライフハック
f:id:dandy611:20150320215337j:plain

「夢をかなえるゾウ」の著者 水野敬也さんのブログを読んでボロ泣きしました。

ameblo.jp

 

 

「本物」の経営者はすでに日本のどこかに存在しているのです。

 

ただ、彼の行動はあまりにも顧客目線で地に足がついたものなので派手さがなく、社会に知られていないだけなのです。

 

ユニクロを一躍有名にしたフリースが発売されたのは1994年、柳井正が45歳のときでした。

ソニーウォークマンを発売したのは1979年、井深大が71歳のときでした。

 

では、本物の経営者である「彼」は今、何をしているのかというと、明らかに自分より志も能力も低い経営者たちが世の中でもてはやされているのを横目に見ながら目の前の仕事を圧倒的努力でこなしています。

 

もしかしたらまだ起業もしていないかもしれません。ただ、目の前の仕事に対する熱量が圧倒的であることは間違いありません。

 

彼は雑誌に出てくるような「仕事も遊びもできる経営者」なんて存在しないことを知っています。

 

成功とは「偏り」であり、全人生を仕事に賭けねば世界を変えられないことを論理的にも直感的にも知っています。

 

彼は、健康には気を使っていますが、ゴルフやサーフィン、トライアスロンにのめり込みすぎることはありません。あくまで「運動」は手段であり、目的ではないからです。

 

彼は「孤独」です。彼の志が高すぎて、周囲の人にはその本質を理解することは難しいからです。


「一体、何のためにこんなに苦しい思いをしなければならないんだ!?」


自問自答することもありますが、それはすぐさま頭の中に聞こえてくる声に打ち消されます。


「世界を素晴らしくするためだ!」


そして、彼は仕事に向かうのです。

 

水野さんのこのブログに心が救われました。

自分の同年代や年下からも、ドンドン活躍している人が出てきてます。

ぼくはそれが羨ましいともおもいます。

ぼくなんて失敗の連続、撤退の連続の人生です。

 

しかし、自分のやり方を貫き通したいし、安易な道を選ぶことも出来ません。

地道な一歩を積み重ねていくしかない。

それは遠回りかもしれない。けれど、自分に嘘をつくことは出来ません。

 

23歳の頃、ぼくは余りにも人生に悩みすぎて占いに行ったことがあります。

その占い師さんにあなたは、「30歳くらいまでは相当苦労する。けれど、それからはきっと芽がでるわ。」と言われたんですね。

その時は「まだまだ先じゃねぇか!」とツッコミたい気持ちでいっぱいでした。

 

しかし、今振り返って自分の人生を辿ってみたら、大変だったし、絶望的にもなったけど、イイ経験だったと言えます。

そして、まだまだこれから先も大変な道が待っていますが、ワクワクしかありません。

 

日本には、まだ芽が出てない本物の才能者たちが、たくさんいるんです。

人間はいつ死ぬかなんて分かんないし、ぼくはそういった人たちに少しでも早く日の目を見せれるようにしたいとおもっています。

ぼくのブログは今後「才能を紹介する」メディアにもしていきたいのです。

その為にも、まだまだ影響力のないこのブログを育てなくては。

 

カップラーメンを発明して世界に300億食売った安藤百福のように――


F1に参戦して世界に沸かせた本田宗一郎のように――


その圧倒的な「サービス」によって「日本人」のすごさを世界に轟かせてくれるでしょう。


彼の生活は決して派手ではありませんが、間違いなく、彼の総資産は日本でトップになるでしょう。


そして将来、彼が世に出てきたとき僕に会いたいと思ってくれるように――というより、もしかしたら彼は今この文章を読んでいる「あなた」かもしれません。


「あなた」はまだ日本では知られてはいませんが、僕は「あなた」が存在していることを知っているので


将来、とてつもない成功を収めるあなたと対等に話せるように、僕は、今、目の前にある仕事を全力で頑張ります。

 

 経営者もクリエイターも本物はこれから出てくる。

水野さんのような理解者がいることは救いですよね。

 

ぼくも日本をもっと面白くしたいし、世界を素晴らしくしたい!

ぼくはここからだ。

今はまだ名も無き才能者たち。勝負はここからです。

 

ワッショイ!

 

今は、まだ名も無き才能者たちに応援歌を贈ります。

あなたは金曜日の夜も、黙々と仕事していることでしょう。

ジャパニーズHIPHOPですが、ぼくが孤独な時に常に聴きまくってる魂の塊のような曲です。


ZONE THE DARKNESS /『奮エテ眠レ』 /pro. Michita - YouTube