読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

目標金額なんと500円〜!誰でも簡単にクラウドファンディングができる時代に!

時事ネタ ライフハック 便利サービス

 f:id:dandy611:20150315184154j:plain

 

日本最大規模のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」が誰でも簡単にクラウドファンディングをできるようにプロジェクトの『直接投稿サービス』をリリースしました。

誰でもかんたんに、クラウドファンディングを始められるようになりました。【CAMPFIRE mag.】

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは実現させたい思いに対して必要資金を集める仕組み。サイトを立ち上げたい、ユニークな旅をしたい、カフェを開きたい、などの思いにお金が必要な場合、クラウドファンディングの存在意義があります。
その思いをつづり、実現に必要な目標資金を掲げ、ウェブ上でプロジェクトを立ち上げる。その内容が人から応援されるものであり、また、お金という支援に対してお返し(リターン)が魅力的なものであれば、きっと思いは実現するでしょう。このことから、現在は誰でも簡単に資金を集められる時代になったと言えます。
一昔前の資金調達は「銀行からの借り入れ」や「投資会社からの投資」というイメージでしたが、今は多くの人から少額ずつ集められる時代なのです。ちなみにほとんどのクラウドファンディングでは、プロジェクトが成功した場合に手数料を受け取り、失敗した場合は何も受け取らないという、ALL or NOTHINGの方式を取っています。
引用元:クラウドファンディングの始め方を公開!CAMPFIRE着火の手順まとめ | 株式会社LIG

ポイントは3つ!

 
⚪︎誰でも
・20歳以上で日本国内の住所、電話番号、本人名義の銀行口座および公的機関が発行している身分証もしくは学生証を持っている方なら誰でもプロジェクトの公開が可能です。
・プロジェクトの目的とリターンには関連性が必要です。
・プロジェクトはアート・音楽・映像・映画など19種類のクリエイティブなカテゴリのいずれかに当てはまる必要があります。
 
⚪︎簡単に
・目標金額は500円から
目標金額を500円から設定できるようになりました。
・募集期間は1日から
募集期間を1日〜80日の間で設定できるようになりました。
・リターンの設定金額が自由に
500円から最大300万円までの価格幅でリターンを設定できるようになりました。
 
⚪︎スピーディーに
・投稿から公開までは最短で3日
直接投稿システムでプロジェクトを申請してから審査にかかるのは約3日。よりスピーディにプロジェクトを公開することが可能です。
※土日祝日年末年始を除きます
※プロジェクトの申請の混雑状況によって前後する場合があります
・たったの14日間で資金が手元に
プロジェクトがサクセスして募集期間が終了後、お手元に資金が届くまでは最短で14日間です。
 
 もちろん無料で出来ます。これはヤバイですね。
クラウドファンディングの認知はだいぶ広がりましたし、周囲でも挑戦している人がいますけど敷居が高いイメージがありました。
今まで目標金額が10万円〜だったのが、500円〜OKってニートのぼくでも何かしら出来そうじゃないですか。
しかも最短3日で公開は嬉しい。
クラウドファンディングやってる人たちから、公開までの段取りが結構大変と聴いてたのでクラウドファンディングを1回限りで終わりたくない方からしても嬉しいことでしょう。
 

自分勝手な面白いプロジェクトが出てきそう!

クラウドファンディングってどうしても大きなことで「夢」的なイメージがあるんですけど、500円〜OKであれば相当自分勝手なプロジェクトが出てきそうで面白そうですね。
 
例えば、
⚪︎食いしん坊な俺がマックのハンバーガーを何個食べれるか試してみたい。でも、自分のお金じゃやりたくない。でも、やってみたい!
目標金額2000円。リターンはハンバーガーを必死に食べてる動画を送ります!
 
⚪︎(顔にちょっと自信ある女子大生が)北陸生まれの私はいつも帰りが高速バス、開通したばかりの北陸新幹線で帰郷する贅沢してみたい!
目標金額20000円。リターンは精一杯カワイイ顔した写メ送ります!
 
みたいなワガママなプロジェクトが出てきたら面白いなー。何か支援したくなりますよね。キャンプファイヤーからOK出るかわかりませんけど。
 
くだらないけど、そのくだらなさが結果的に笑いになったり、世の中の為になっちゃうようなプロジェクトが生まれることを期待しています。
しかし、キャンプファイヤーのこの試みで確実にクラウドファンディングの敷居が下がったのは確かです。
ぼくだったら何やるだろうな。ちょっとこれは何かしら考えたいですね。
 
みなさんも現状の資金調達は不可能だけど、どうしてもやってみたいことがありましたら、ぜひ気軽にキャンプファイヤーを利用してみては?
 
 
 
ワッショイ!!