読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ニートブロガーが語る!両親に応援してもらう技術

家族論 実家話 ブログ論 オピニオン ライフハック

ぼくは現在、絶賛ニートです。

プロブロガーになる為に引きこもってます。
f:id:dandy611:20150315164009j:plain
 
最近ようやくこんなニートなぼくも両親の応援を勝ち得てきました。
今日はいかに両親からの応援をつくってきたかをかきます。

政治家からの撤退

ぼくは以前、渋谷区の政治家を志していたのです。
今年の春に行われる選挙に出馬するために、去年の6月からがんばって行動して来ました。
コネもお金も無かったですが、社会を面白くしたいという気持ちがぼくを突き動かしました。
 
しかし、今年になり「選挙にビビって九州に逃亡する」という騒ぎを起こしました。
それから政治家になることは撤退し、トモダチたちの勧めもあって「プロブロガー」を志すようになります。
ぼくは社会に自分の考えや主張を発信して影響力を持ち、もっと日本をワクワクさせたいのです。
政治家になるのはあくまでその為にのツールなので、ブロガーでもそれが叶えられるとおもいました。
 
しかし、ぼくには既にかいたとおり、お金も全くありませんでした。
極めつけに、「もう自分の好きなことしかやりたくない」という自分勝手な考えを持っているので、バイトする気も就職する気もありません。
 

プロブロガーになるために実家に帰ることを決意

そうなると、残りの手段は石川県の実家に帰ってひたすらブログをかくことしかありませんでした。
ですからぼくは、高校卒業以来10年ぶりに実家に帰ったのです。
 
父に唐突に「実家に帰る!」と電話で伝えて、いきなり帰りました。
両親は、困惑気味ではあったのですが、九州逃亡騒動のこともあってかすんなり受け入れてもらえました。
 
しかし、両親はなぜ今更、実家に戻って来たのかよくわかっておりませんでした。
ぼくは「プロブロガーになりたい!」と率直に伝え、以下のことを述べました。
 
⚪︎実家に住んでご飯だけは食べさせてください。
⚪︎今はもうお金が全くありません。でも、もう時間帯労働はしたくないので仕事はしません。ブログに集中します。
⚪︎お世話になったことはブログで稼いだ時にキッチリ親孝行します。
 
ぼくは小学校の時から両親を習い事や部活など様々なことで振り回してきた子供でした。
3人兄弟の中でも相当お金もかかってます。
今回も自分勝手なワガママでした。
 

毎日ひたすらブログに取り組む

両親にブログについて熱心に説明しながら、ぼくは毎日部屋に引きこもって、ひたすらブログをかいていきました。
寝る時も、ご飯食べてる時も、本読んでる時も、気晴らしの動画を観て笑ってる時も、ずっとブログのことしか考えてませんでした。
 
そうやってかき続けてるウチに、母がブログに興味を持ちはじめ、母に関する記事もかきました。
 
そしたら、母はそれを喜んでくれました。しまいには調子に乗って「こんなこともブログをかいたらどうか?」と提案するほどになりました。
 
しかし、うまくいかないモノでブログに対する理解が薄かったこともり父と大喧嘩になることもありました。
 
トラブルがありながらも、ぼくはそれさえもネタにしてブログを書き続けました。
「絶対にプロブロガーになるんだ」その意志だけは誰も奪えないのです。
 

ブログというワードを出しまくる

ぼくは食事を食べたらすぐに「ブログかく」と行って部屋に戻るし、リビングにいる時も「ブログかいててエネルギー切れた。」と独り言を言ってソファーでずっと寝そべってるし。
とりあえず家にいる時は誰がいても関係なく「ブログ」というワードを無意識に使ってしまいます。
 
そうなると家族も「コイツ、意外とがんばってるのかな?」とおもってくるみたいです。
そして昨日ついにブログに関心が薄かった父が、ぼくのブログを読みたいとまで言ってきました。
 
そして、父にもブログの理解が少しずつついてきて着々と今、応援体制が整ってきてるんです。
 

家族に応援してもらうには熱意である

家族から応援や理解を受けたいという人はたくさんいるとおもいます。
特にブログはまだまだ新しい仕事すぎて、年上世代にはナカナカ受け入れてもらえません。
しかし、大事なのはあなたの熱意です。
あなたがしつこく家族に理解を求めて説明し、毎日行動で表します。
そうすると、はじめは理解を得られなくても、いつかは家族も心が折れて、応援を得ることが出来ます。
ぼくはその為に、小さな喧嘩も大喧嘩もひたすらしました。そして、ブログだけは片時も忘れず行動してきました。
 
自分勝手な主張をし続け、その言葉だけでなく行動で表しましょう。
それが家族に応援を得る一番の鍵です。
 
ワッショイ!