読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

月間150キロ以上歩く男の散歩のススメ。散歩は憂鬱から抜け出す手段。

ライフハック

散歩はイイですよ。

毎月150キロ以上歩く

ぼくは毎日5キロ以上散歩します。
1回に5キロというワケではなく、1日に4回ほどに分けて散歩するんですよ。
大体、30分〜40分の散歩を1回、15分の散歩を3回って感じですね。
人間の歩行スピードは時速4キロなので、5キロ以上歩いてる計算になります。
月間で150キロですね。1回ではそんな距離でもないですが、1ヶ月走るとマラソン3回以上にもなるのかと驚愕しました。笑
 

散歩をすると気持ちが切り替わる

ブログを1記事かくと身体からエネルギーが一気に抜けるんですよ。
ブログを何記事も連続してかける人もいるとおもうんですが、ぼくにはそれが出来ません。
1記事かいたら頭を切り替えてエネルギーをまた作らないとブログがかけないんです。
その頭の切り替えに散歩は有効なんです。
 
ぼくの自宅は THE 田舎なので3分歩けば畑が広がり、10分も歩かないウチに見渡す限り田んぼだらけの風景を拝むことができます。笑
その自然を見るだけで頭がスッキリするんですね。そして、頭が徐々に「よしブログかこう!」という気持ちになります、。
 

散歩をするとアイデアが湧く

ぼくが散歩するのはただ頭をスッキリさせるだけではありません。
次のブログにもとりかからないといけないので、散歩をしながらブツブツと自分に自問自答してネタを考えます。
 
すると不思議なことに次はこんなブログかいたら面白いんじゃないかというアイデアが浮き上がって来るわけですよ。不思議です。
不思議なんですが、ぼくが今までブログでかいてきた記事は大半が散歩中に浮かんだ記事なのです。
 
経験上、自室にこもってもあんまりいいアイデアってナカナカ浮かばないんですよ。
運動とアイデアには何かしらの相関関係があるとぼくは散歩を通じて知りました。
 
 

散歩は憂鬱から抜け出す手段だ!

幻冬舎見城徹さんが素晴らしいこといってます。(BOTです)
 
この言葉を観た時にぼくにとって散歩は憂鬱を超える手段だとおもったんですね。
ブログをかいた後って思いの丈を吐いてスッキリする反面、どうしようもない憂鬱に駆られるんですよ。
次もっといいネタ浮かぶかな、また読者は読んでくれるのかな。と。
ぼくの中で散歩は憂鬱を払拭させる「暗闇の中でジャンプ」の意味があるように感じてなりません。
散歩をすると本当に気が紛れて「次の一手」を打とうという気分にさせてくれるんです。
 
日夜みなさんも何かに悩み、闘ってるとおもいます。
そういったみなさんにはぜひ散歩をオススメします。
 
ワッショイ!