読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

自由人 高橋歩「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」が心に刺さる名著

オススメ本 ライフハック

自由人で知られる高橋歩さんの著書「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」を読みました。

高橋歩さんのぶっちゃけ語録集なんですが、かなり面白いです。
f:id:dandy611:20150310153700j:plain
 

やり過ぎるくらいやってるか?

まずやりすぎる。そして、気付く。自分なりのバランスはそれで十分だべ。
何事もバランスが大事とか言う大人がよくいるけど、最初からバランスをとることなんて考えるなって想うよ。全力でやらないための言い訳にしか聞こえない。それじゃただのパワーダウンじゃない?
そのせいか、「やり過ぎてはいけない、セーブしなければ」とか、ストッパーが効き過ぎてるヤツが多いけど、バランスをとろうと考えてる時点でバランスがとれてないんじゃない?
そもそもやり過ぎてる前からバランスとか言ってること自体、わけわかんねぇしな。
 

本気になってる人ほど美しい

アツ苦しいを通り越して、「ゲッ、そこまでやるか」っていうのがオレにとっては最高の褒め言葉なんだよね。
ムキになって仕事しているヤツはアツ苦しい?
オレは逆に、そこまでマジにならないで出来ちゃう仕事なんて、簡単すぎてツマラナイ。
それどころか、アツ苦しいぐらいの熱じゃ生ヌルいとおもってるから。
熱湯くらいにアツくならないと、夢なんて叶うわけがない。本気になるのは格好悪いと感じる人もいるんだろうけど、人が本気になってる姿ほど美しいものはないとオレは思う。
肩に力が入ちゃって、ちょっとブサイクになっちゃってる人を、冷ややかな目で見たり、クールぶって「オレはまだ本気出してないッスよ」みたいなことを言ってるヤツは、結局何も出来やしないさ。
 

会社辞めるのは逃げ?

嫌だからといって会社を辞めるのは逃げ?嫌なことを続けることの方が、よっぽど逃げだぜ。
よくいるじゃん、「なぜ私が嫌なのに続けるかというと、第一に………第二に………」って、理由を説明するヤツ。それって言い訳と同じだし、第一の時点でグッバイだよな。そういう風に、無理矢理に理由を考えて、嫌な事を続けようとすること自体が逃げなんだとおもう。
本当にやりたい事のために、嫌な事を我慢する。もちろんそれは避けられない。でも、そんな時は、言い訳なんてしないだろ。「今は嫌だけど、本当にやりたいことだから我慢する」、以上。言い訳をいくつも並べるくらい嫌なら、とっとと逃げだせって言いたいね。
 

やりたいことをやろう

仕事でやりたいことをして、残った時間で好きなことをすれば、人生は全部楽しいわけじゃん!
リアルな話、一日8時間寝るとすれな、起きてる時間は16時間そのうち8時間働けば、起きてる時間の半分は仕事してるってことだよな。人生80年と考えれば、50年働くとして、それこそ半分以上。
そう気がついたとき、ベタだけど、やりたいことをやりたいって心底想ったんだ。
 

借金ってヤバいの?

借金100万円、どうしよう?
新車1台ぶっつぶしたと想えば、楽勝だろ。
借金1000万円、ヤバい?
事務所が全焼したと想えば、余裕だよね。
借金1億円、超ヤバい?1億も借金できるなんて、オマエ、マジすごいな。
 

まとめ

いかがでしたか?
高橋歩さんの言葉はビンビンと心の芯に伝わってきますよね。
ぼくは、他の著書「毎日が冒険」や「人生の地図」も何度も読んでるんですが、この著書が特に響いてきます。
 
  • やりすぎるくらいまずやってみろ。
  • クールぶってるヤツは結局何も出来ない。
  • 言い訳するような会社ならさっさと辞めろ。
  • 50年働くとして、1日の半分は働くのだからやりたいことをやろう
  • 借金は大したことじゃない。
本著にはこんな高橋歩さんのぶっちゃけトークが満載。
オススメです。

ワッショイ!
  
夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。