読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

「オマエが憎くてたまらない」 兄に猛烈に嫌われてる話

家族論 実家話 オピニオン

先日、父との大喧嘩が無事に解決しました→父と仲直り!家族はじめての外食に行った話。 - ミヤモ the Media

兄に猛烈に嫌われています

実はそれと同時並行して兄にぼくは猛烈に嫌われています。
特に喧嘩も一切してないのですが、兄はぼくと一緒にご飯を食べようとしません。ぼくが食卓に来るといつもテレビの前の別の机に行きます。あからさまな態度で敬遠してます。
ぼくと口も聴きたくないといいます。
つい最近なんて「オマエが憎くてたまらない」と言われました。
 

仕事も真面目な兄

兄はとても真面目な人間です。
仕事はしっかりやりますし、自分の仕事以外にもう一つバイトを掛け持ちしています。
一つの仕事で十分にお金をもらってるにも関わらずどうしてバイトまでやるのかな?と疑問におもうほどです。
 
そんな兄には昔引きこもりだったという過去があります。
16歳から20歳くらいまでずっと家に引きこもってました。
その時は家族全員兄のことをいつも心配していました。
 
そんな所からオバに仕事を紹介してもらい、今の会社に勤め昇進もしています。
 

他人と関わろうとしない

ただ、兄は気持ちが塞ぎがちで、今だにまともに他人と関わろうとしない所があります。
以前、兄に引きこもりに関心があると言った時に「会社員と家しか往復しないのも引きこもりみたいなモノだよ」と言っていたことがぼくには痛烈に記憶に残っています。
 
他人と関わらないと自分のものさしでしか物を考えれなくなり価値観が凝り固まってしまいます。
そして、そんな人間ほど根は良い人でも違う価値観を許せず、感情的になりやすいのです。
 

価値観の違いを許せない

引きこもりから立ち直り真面目に生きてきた兄にとって、突然実家に帰って来て毎日3食ご飯を食べてるのにお金を入れもせずに平々凡々と暮らしてるぼくが許せなくて堪らないのだとおもいます。
いえ、もっと以前から許せてないのだとおもいます。
コロコロやりたいことを変え、好き勝手に生きてるぼくのことを腹の底ではずっと良くおもってませんでした。
 
「オマエはラクをしているようにしか見えない」と言われました。
ぼくは仕事は苦しんでやるもんじゃない、我慢してまでやる仕事はしないことを指針にしてます。
だから、コロコロ仕事も変わってきました。
それが兄にはラクしてるようにしか見えないのでしょう。
 
仕事が苦しくても我慢してやる兄の価値観とは真反対なのです。
兄にとってぼくがブログかいてるのもただ遊んでるようにしか見えていません。
 

ぼくはもうブログしかない

兄が言ってることは理解できます。イイのかワルいのかぼくは本当に自分をロクデナシだと自覚しています。
しかし、ぼくはもう引き返すことができません。
両親には「30歳までには結果出しなさい」とずっと言われていて、ぼくはそれを意識しながら生きてきました。
あと1年と3ヶ月以内にはそれを現実にしないといけない。
それは家族の為は勿論ですが、ぼくの為にもしないといけないのです。
 

家族は結果でしか認めない

たとえ兄に憎いと言われても、ぼくは這いつくばってでも結果を出さないといけません。
結果を出して兄にも認めてもらわないといけない。
 
ちなみに4月から父の農家を手伝うことが決定しました。
時間帯労働をしないと決めたぼくにとってはありがたい話です。
 
兄に憎いといわれたことを反動にして自分のブログに情熱を燃やし続けたいとおもいます。
家族関係で悩む人が多いとおもいますが、どれだけ言っても家族は結局「結果」でしか認めてくれないので自分のやるべきことにひたすら集中することをオススメします。
兄弟は難しい。
 
ヤーマン!
 
【追記】
兄と仲直りしました!そして、とんでもない奇跡が起きたのです!

 

ニートブロガーにまた壮大な奇跡が!こんなことあっていいのか?! - ミヤモ the Media