読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

無一文のぼくが後輩から4000円もらった話。

スポンサードリンク

先日、中学、高校を通しての後輩から連絡が来ました。

 
久しぶりに飲みましょう!という誘いでとても嬉しかったのですが、ぼくにはあいにくお金がありません。
「ぼくお金無いのよ!」っと正直に伝えた所、「それを承知で誘ってます!笑」とのこと。
何て素晴らしい後輩なのだ!キミは神様か?仏様か?地獄先生ぬーべー様か?
ぼくはこの優しさに乗っかることにして後日飲みに行くことに。
場所はぼくらの住む津幡町の中心部にある「とりごこち」という居酒屋でした。
 
約束の時間に行くと既に後輩は到着しており久々の再会を果たしました。
会うのは実に6,7年ぶりくらいではないでしょうか。
 
もう一人の後輩も来る予定なのですが、仕事の残業で遅れるそう。
 
後輩は相変わらずオシャレなストリートファッションに身を包んでおりました。
そのオシャレさはファッション誌にも掲載されたそうです。スゲー!!
しかし、久々だったけど、なぜかあんまり久々な感じもしません。笑
これもSNSの力でしょうか。
 
 
 
後輩とは恋愛の話や生き方の話など色んな話をしました。
お互いビールも止まらず、会話も止まらず、なぜかオカズも頼まずに夢中に話しました。笑
 
 
もう一人の後輩も遅れて到着してこちらも6,7年ぶりの再会、この後輩はちょっと引きこもりの時期があったのですが、何だかイケメン風なモテそうファッションになってて面白かったです。
 
この2人とは中学から同じ陸上部の長距離で厳しい練習を切磋琢磨した仲なのです。
三人集まるとやっぱり陸上部の話になって昔話にもなります。
 
いつも部活帰りには、一緒に帰って家の前でおしゃべりしてたんですよね。
何の取り止めもない話だったかもしれないけど、あれは楽しかったな。
 
ぼくが高校に進学してからも全国駅伝に出場が決まったことをわざわざ自宅まで報告しに来てくれたこともあったんですよ。
あーいう体験ってナカナカないから嬉しかったし、そんな話もついつい恥ずかしながらお酒の力を借りてしちゃいました。
 
話の会話は基本的に「面白いって大切だよね」ってことに終始していました。
 
後輩は「宮森さんだから分かってくれそう」だということで相談事も持ちかけてくれたんですよね。
内容は言いませんが、ぼくは全然OKだと言い放ちました。
そしたら、ラクになっている様子でドコか吹っ切れてるようにもおもえました。
 
ぼくはこの後輩たちとの会話で自分の役目を強く認識しました。
ぼくの役目は「人の価値観を拡げて選択肢を増やすこと」なのです。
 
例えば、地方では、20代前半〜20代後半にかけてみんな結婚していくけど、東京ではその年代でも男女どちらも全然結婚してないし、そんなに焦らなくてもいいよ。とか。
 
恋愛において結婚がみんなゴールだとおもっているけれど果たしてそうなのか?
結婚は縛らすぎて窮屈だから、事実婚という選択をとってもいいんじゃないか。とか。
 
彼氏、彼女がいてもお互いを縛らずに異性との飲む機会は大切にした方がいい。とか。
 
 
という内容を話したような話してないような。笑
ぼくは答えを一つに押し込めるのではなくて、他にもこんな答えだってあるんじゃない?と枠を拡げることを相手によく話します。
それがぼくの役割だとおもうし、28年生きてきて学んだことなのです。
今回の後輩との飲みでそれに改めて気付けました。
 
時間も忘れてひたすら飲んで語ってたらお店も閉店になりました。
2人ともアルコールを飲んでいたので車に乗れないですから、帰りは代行を頼んで送ってもらいました。
 
はじめに、ぼくに連絡をくれたオシャレストリートファッションの後輩を送りました。
その後輩は、イケメンモテそうファッションの後輩に代行代といってお金を渡してましたがそのお金を「いらない!」と断り、なぜかぼくの所にきました。
4000円でした。
 
ぼくの家まで送ってもらった時にお金を返そうとしたんですが、「宮森さん!面白くないっすよ!」と一蹴されて、飲みまでオゴッてもらったにも関わらず4000円がぼくの手元に残りました。
ぼくは、しばし野口英世4人を呆然と眺めていました。
 
後輩2人よ本当にありがとう。
このお金は大切に使うからな。
 
ぼくはこのお金を何に使おうか悩みました。悩みに悩みました。
自分の部屋をグルグル、時にはゴロゴロしながら悩みました。
しかし、やはり答えは一つしかありませんでした…。
 
 
 
 
 
 
 
 
後輩よ本当にありがとう!
f:id:dandy611:20150305095437j:plain
 
このお金は大切に使ってるよ!
f:id:dandy611:20150305095501j:plain
 
世のため人の為に使ってる!
f:id:dandy611:20150305095530j:plain
 
後輩本当に大好き!
f:id:dandy611:20150305095711j:plain
 
愛してる!
f:id:dandy611:20150305095744j:plain
 
好きって1000回いうより1回の愛してるでしょ!
f:id:dandy611:20150305095828j:plain
 
俺は愛してると言い張れる自信がある!
f:id:dandy611:20150305095913j:plain
 
いや。。。オマエが愛してるのは淡麗グリーンラベルだろ!!!!!(自らノリツッコミ)
 
 
 
このように絶賛、後輩のくれた4000円はぼくのビール代に消えております。
そうです!インスタグラムで「今日はブログ終わりに一杯!」とかいってビール写真載せてますがこれも後輩の金です。笑
f:id:dandy611:20150305102459j:plain
 
しかし、事実このビールのお陰でぼくは毎日ブログをがんばれているのです。
ですから、こうやってあなたがぼくの記事を今読めているのも後輩のお陰なのです。
神様!仏様!淡麗グリーンラベル様!
 
後輩よ本当にありがとう!
28歳になっても後輩にお小遣いもらう自分のロクデナジぶりを心から誇りにおもう。(クズ)