読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

人間の意志は弱い。信用できる人の言葉を盲信した方がいい理由

オピニオン ライフハック
f:id:dandy611:20150302113905j:plain

何を言ったかよりも誰が言ったか

ぼくは正直言って人脈はそれほど手広くない。(自分:他人比)
むしろ自分にとって大事だと思える人を見極めて、その人たちを大事にすることに全力を尽くしているのだ。信頼している人の言葉は当然ながら信頼する。お会いしたときに「今日UFO見たよ!」と言われれば、絶対に「マジっすか!?」から入る。バカみたいに思えるかもしれないが、ぼくはお付き合いする人をそれぐらい信頼するのだ。
ぼくの人付き合いにおいて大事にしているのは、「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」だけなのだ。

この考えよく分かります。どれだけバカげたこといっても相手を本当に信用していたら、突き抜けてれば突き抜けてるほど面白い!ってなるんですよね。変に引いたりしないな。全力で聴く。

そういった意味でも何を言ったかではなく、誰が言ったかで決まるんですよね。

信用できる人の言葉を盲信する

「何を言ったか」を重視しない理由は簡単で、それは既に発言そのものを信頼する準備は整っているからだ。
言い方は悪いかもしれないが、相手のことを教祖のように信頼しているからこそ、全ての発言を受け入れて盲信する。その裏には「この人が言ったことで失敗したら、しょうがない」という、ポジティブなあきらめが存在する。
そう思わないだろうか?
自分が信頼している人の発言を盲信し、それに取り組んだ結果として失敗したとしても、あきらめがつくのではないだろうか? でもその失敗も含めて仲間内で爆笑できればそれでいいのだ。

ぼくが今、全力で取り組んでるブログも実はそうなんですよね。

ぼくが政治家を撤退した時に、「向いてることをやったらいいよ」、「自分のやるべきことをしなよ」とアドバイスもらったんですけど、その後に「ミヤモくんのブログ面白かったし、またやったらいいじゃん!」と数人から言われましてそれに従ったのです。

それもこれも、アドバイスくれた人たちをぼくは心から信用できていたので盲信しちゃおうとおもえたんですよ。そこでたとえ失敗したとしてもその人たちに言われたことで失敗したら仕方ないっていう諦めも含めて。 

人間の意志は弱い

自分で決めてやり続けられる人って少ないんです。
例えば、ダイエットに挑戦してもほとんどの人って失敗に終わるじゃないですか。
あれって自分で決めて自己責任だけでやるからだとおもうんですよ。
自分で決めたことをやり遂げる人って10パーセントもいないとぼくはおもってます。
 
それよりも信用できる人のアドバイスに盲信してそれをやっていった方がはるかに成功確率が高いとおもうんです。
ぼくはそれを、人に言われたことだからどこか無責任になれるからだとおもってます。
いい感じに力抜いてやれるので継続しやすいんですよきっと。
 

自分で決めたことはスケールが小さい

ぼくの経験なんですが、志は大きくてもやってるスケールが小さい人って往々にして多いと思うんです。それって自分で決めてるからだとおもうんですね。
自分だと責任が重いんでどうしても縮こまってしまう。
 
しかし、他者がいうことって無責任だからスケールが大きいんです。笑
ソコまで大きいこと言う? ソコをあえてつくの?ってことを言ってきます。
 
ですから、それに従ってやってくとどんどんスケールの大きいことが出来てきます。
これにまつわるタモリさんの言葉を昨日知ったんですが素晴らしいです。
 
「自分の中で『これくらいの力がついたらこれくらいの仕事をしよう』と思ってもその仕事は来ない。必ず実力よりも高めの仕事が来る。それはチャンスだから、絶対怯んじゃだめ」
参考記事:「twitter」でタモリの仕事論が話題に! | ロケットニュース24
 
まさにこの事!信用できる人からの言葉はチャンスなんです!自分のスケールが大きくなるので盲信したらいいですよ。
 

まとめ

  • 信用できる人の言葉は盲信しよう。
  • 人の意志は弱いことを認識しよう。
  • 自分で決めたことは大体スケールが小さい。
  • 他人からの意見は無責任だからスケールが大きい。意見を受け止めてチャレンジしよう。