読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

所持品の90%は無駄!物を捨てるとウソのように幸せになれる。

オピニオン ライフハック
f:id:dandy611:20150301114256j:plain
 
ぼくは去年の11月にホームレスになった経験があります。
 

必要なモノは少ないと気づかされた

11月から三ヶ月間さままざまな人の家に泊まり歩きながら活動していました。

 

ホームレスになる際に住んでいた場所の荷物を片っ端から捨てました。
どうしても必要な衣類、財布、携帯など以外捨てまくりました。
 
結果、ぼくの荷物はボストンバッグ一つとトートバッグ一つの二つバッグで収まりました。
ホームレス生活を送っているうちにドンドン頭がシンプルになり、まだ荷物が多いと感じてきました。
 
結局、ぼくの荷物はリュック一つに収まるほどになってしまいました。
ぼくはその時に気付けたのです。
 
人は物が無くても生きていける。それどころか物が無い方が頭がスッキリして幸せだ。
人はモノにこだわりすぎているんだ。本当に必要な物なんてごく少数なんだ。
 

トモダチも少なくていい

この考えは、ぼくに別の大事なことも教えてくれたのです。
それは少なくていいのは物だけじゃないということ。
 
トモダチも多い方がいいとおもわれがちですが、トモダチも少なくていいのです。信用できる友人がしっかりいれば人は幸せに生きていける。
 
お金も多い方がいいとおもわれがちですが、本当に必要なモノに気づけたらお金使うことって案外少ないことに気づけます。
だから、必ずしもお金持ちだからスッゲー幸せとも限らないことに気づけます。
 

90%は必要ないモノ

おそらく今、わたしたちが抱えているモノの中で、90%は本当は必要ないモノです。
物質も思想も人間関係においても。
 
思い切って物質から捨てる勇気を持ちましょう。
「まだ使うかも」とか「思い出だから」と感情に縛られないでください。
「まだ」という言葉を使う時点でほぼ間違いなく使いません。
もし、使うことになったらその時にまた買い足せばいいのです。
 

形無いモノに意識を向けることで幸せになれる

何かを「捨てる」ことによって、また新しい何かが入ってくる。
とよく言います。
まさにその通りだとおもいます。
 
物を捨ていくことによって、必要な物は案外少ないという価値観をぼくは手に入れました。
それを知れたぼくはとても幸せでした。
このように形ある物よりも、形無いモノに意識を向けることによって人は少し幸せに近づけるのかもしれません。