読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

キングコング西野氏に習う!やりたいことに全エネルギーを集中するために無駄なことにNOと言う勇気!

キングコング西野亮廣 ライフハック
 

キングコング西野さんが出演したWADAIの王国を観た。

ぼくが住む石川県は放映がなかった為に、ネットで探してみることができた。
f:id:dandy611:20150228113722j:plain
 
番組では西野さんの一日に迫っている。

 

ウオルトディズニーに勝つという壮大な目標

西野さんには「ウオルトディズニーに勝つ」という壮大な目標がある。
それは一番面白くなりたいという確固たる目的からきている。
 
番組中の西野さんの眼はマジだった。
 

全エネルギーを集中!

そして、行動にもそれが現れていた。
ウオルトディズニーが晩年も体型が変わっていなかったということで自宅から仕事場まではランニングする。無駄なことに悩むのが嫌で食事は蕎麦しか食べない。(ちなみに富士そばゆで太郎
仕事の打ち合わせでは途中でスタッフに任せるのではなく、資金の面まで全て自分のプロデュースを心がけている。
 
一つ一つの行動に全てこだわりがあり、それはウオルトディズニーに勝つことに繋がっている。
まさにウオルトディズニーに勝つことに全エネルギーを集中させているのだ。
ここまで行動と目的が一致している人がどれだけ世の中にいるのか。
 

笑わせるな笑われろの時代

番組中の西野さんの言葉はとても純粋で無邪気だった。
全然つくられてる感じがしない。「生きてる」ってリアルさが伝わってくる。
 
西野さんは自身のFacebookでこれからは「笑わせるな、笑われろの時代」だと説いている。
ファンにチケットを2000枚手売りして独演会を開く、自身の描いた原絵画をリース無料にし地方の名乗り出たファンが原画展を主催しそちらにも顔を出す、夏には西野さんが大会社やファンたちを巻き込んでの「おとぎ町ビエンナーレ」という町づくりが都内で行われる。
 
一見芸人、芸能人という枠からはみ出すぎて笑われるかもしれない。
しかし、西野さんはそんな突拍子もないことを実現し、様々な人々に笑いと希望を与えている。
お笑い芸人の枠を超えたもはや「生き様が芸人」。
ぼくには西野さんのライフスタイル全てが壮大なエンターテイメントに見えて仕方ない。
 

無駄なことにはNOという勇気

西野さんはいつも同じモノを食べ、いつも同じ格好をしている、そしてファンタジーある仕事を淡々と毎日こなしている。
番組中にも西野さんはスティーブジョブズの名前を口にしていたけど、確かにジョブズのような生き方にも見えてくる。
 
ジョブズの言葉でこんな言葉がある。
方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、まず「本当は重要でも何でもない」1000のことにノーと言う必要がある。
西野さんは自分のやるべきことではないこと以外には全てNOといっている。
ひな壇番組に出ないと言い切ったのが代表的で、ジョブズの言葉を自身の生き方で体現している。
 
多くの人はやりたくないこともYESと言わないとダメだとおもっている。
しかし、それは違う。
本物の人間はやりたくないこと、重要でも何でもないことにはしっかりNOと言ってるんだ。
ぼくは自分にそれができているだろうか?と問いかける。
みなさんはそれができているだろうか?
 
できていない人にはぜひNOと言うことをオススメしたい。
やりたくないことにNOと言う勇気によって人生は切り開かれるとおもう。
 
西野さんにはぜひウオルトディズニーにも、SEKAI NO OWARIにも勝ってほしい!
 
西野さんのド天才伝説は続く!
 
WADAIの王国観てない方はぜひ観てほしい!
メッチャクチャ面白いから!
f:id:dandy611:20150228112517j:plain

 前半は博多華丸さんの接待の話、西野さんの話は動画開始17:57くらいから始まります!