読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

一緒に仕事していて楽しい人の10個の特徴

オピニオン ライフハック
f:id:dandy611:20150227185249j:plain
著作者: Helmut Fromberger
 

みなさんはどんな人と仕事していると楽しいとおもえますか?

 
ここでは、一緒に仕事していて楽しくなる人の10個の特徴を並べてみました。

 

1.前向きな人

常に前向きに物事を捉えて仕事する人には、周囲に刺激を与えれます。
つい後ろ向きに考えたくなる問題も前向きに考える人の存在で好転に向かったりするモノ。
 

2.よく笑う人

「笑う角には福来たる」なんてありがちなことをいいますが、笑うとポジティブな雰囲気が生まれます。
よく笑う人の周りには自然と笑顔が生まれて愉快です。そんな人と仕事すると楽しいですよね。
 

3.遅刻しても許せる人

時間を守り続けることは大切です。
たった5分の遅刻で不機嫌になる人もいますが、人間遅刻することもあります。
遅刻されても許せる人は自分を押し付けず、他人への想像力もある人ですよね。
 
 

4.自分の意見を発言する人

ミーティングや会議で、ただ黙ってる人もいます。
上司や偉い人が周りにいて億劫になることもあるとおもいますが、アメリカでは会議で発言しない人は仕事してない人と一緒なのです。
自分の意見をしっかりいえることは大切だし、そんな人は自分が悩んだ時に真剣なアドバイスもしてくれる人です。
 

5.愚痴を言わない人

誰かの噂話、愚痴をこぼすことで進展することなどありませんよね。
知性のある人間は愚痴を言いません。
 

6.緊張感がある人

気を使わないって良い風にとらえられがちですが、それは緊張感が無いともいえます。
緊張感が欠如した中で良い仕事が生まれることはありません。
緊張感の欠如は仕事の楽しさをも奪うのです。
ですから、いるだけで緊張感が生まれる人は大切なんです。
 

7.好奇心が旺盛な人

常に知らないことを知ろうとする姿勢、何か新しいことを知った時に心から嬉しそうにする人がいます。そんな人と仕事できるってコッチも嬉しいですよね。
 

8.刺激をくれる人

会うといつも新しい情報を持っていたり、語ることがたくさんある人。
そんな人と話すと楽しいし、刺激が生まれます。
刺激は人を成長させてくれる何よりの活力になります。
また、刺激をくれる人は「常に変化している人」でもあるのです。
 

9.シンプルに分かりやすく話す人

難しい言葉を多用したり、複雑に物事を話す人は、自分の頭も整理されていない人です。
頭の整理された人はシンプルに子供でも分かるように話すことができます。
そして、そんな人の言葉は相手にしっかり伝わるのです。
 

10.スケールの大きい人

一緒に仕事をしていて楽しいのにスケールはとても重要です。
誰もが特別な仕事をしてみたいとおもうモノ。
その中でスケールを大きく話す人は周囲に希望を生むのです。
大きなスケールを目標にもち一日一日ソコに近づいてるとおもったらワクワクしますよね。
 

終わりに

いかがでしたでしょうか?
一緒に仕事をしていて楽しい人とは、当然仕事もデキる人です。
その中でも大事な10個を抽出しました。
 
仕事が楽しいと人生の3分の1は楽しいのです。
ですから仕事していて楽しい人と仕事をするようにしましょう。
そして、自分自身がそんな人間になりましょう。
 
ミヤモでした。