読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

面識ない人に自分から会いたいと連絡して、相手を調べてないのはチョー失礼ですよ!

ライフハック オピニオン
f:id:dandy611:20150225100139j:plain
著作者: Luis Marina
 
FacebookTwitterで知らない人から連絡きたりしますよね。
 

早稲田大学に在学中でありながら子供たちの多文化×英会話教室Culmony(カルモニー)を運営する岩澤直美さんがTwitterで興味深いこといってました。

 

カルモニー→Culmony
 

これマジで分かるわー!!彼女はつづけます。

あとfacebookメッセージで突然「何してる人ですか」みたいなのも、おこ。そんな暇じゃないし、そもそもそういうのを無視したらいいんだろうけど。人に会うのにその人のことも調べずに相手の時間もらうのは本当に失礼。ちょっと検索したりSNSみればわかることだろ。

いや、本当にそうなんですよ!!

彼女はTwitterみてて動き回ってるのが分かるので、たくさんの同年代や年上の大人からから関心もたれて連絡きてるとおもうんですよね。

 

それで、ぼくもFacebookTwitterでよく知らない方から連絡くるんですよ。あっ今は石川県の実家に帰ちゃったのでなくなりましたが。

その連絡がキッカケで直接会って楽しい時間過ごして、また会いたいなっておもえる人もたくさんいるんですけど。

 中にはぼくのこと全然調べてない人も結構いて、それには本当にビックリさせられたんです。笑

何でソッチからわざわざ連絡してきたにも関わらず、そんなことも知らないねん!ってことがあるんですよ。

そんな瞬間、「この人は何を求めてぼくと会おうとおもったんだろ」ってこっち側はおもってしまうんですよね。

もうその瞬間、顔には出しませんがオコ!です。いやオコを通りこして呆れる場合もあります。

どうやってこの時間を早めに切り抜けれるか考えちゃいますよね。

これって面識ないのにわざわざ会ってくれてる人に対して本当に失礼な行為だとおもうんですよ。

 

ぼくも逆の立場になる時よくあるんですが、相手のことは調べます。

直近の出来事から、普通の人では知らないであろうマニアックな所まで。

相手と会話していることを想像しながらイメージトレーニングするんです。会った瞬間こんなこと話して、途中でこれをいって、相手が「何でそんことまで知ってるんだ!」と言われるように仕組みます。

それが礼儀だとおもうし、ソコまでしっかり調べてたら相手は喜んでくれますからね。

喜んでくれたらSNS上では言ってないことも話してくれたりするワケですよ。

それで、その話を吸収して学習するんです。

直接会わないと聴けない話を聴けるから会うメリットが生まれるワケだし、その話を引き出す為の準備は連絡した側がするべきです。

逆に、それくらい目的をもてなかったら直接会うべきじゃないですよ。

「ちょっと興味もった、とりあえず会おう、相手のこともよくわかってない。」これはもうダメすぎですから。だったら連絡してくんな!って話です。

相手が自分の為に時間空けてくれてることは勿論ですが、自分の時間も切り売りしてるワケですから自分の実になるようにちゃんと考えてほしいなと思います。

岩澤さんは、

高校生なら許すけど。だから学生ってなめられるし、それはしょうがないことなんだろうな。

と、言われてますが残念ながら大人になってもいるんですよ。笑

しかし、今の学生は優秀な人間が本当に多いのに大人が舐めすぎで憤りさえ感じます。

ぼくらの時代より今の学生の方が断然アクティブな人多いとおもうんですよ。

優秀な学生を年下ってだけで大人は舐めないでほしいですし、学生はそんな大人に屈しないでほしいです。

 

話を戻しますが、この解決策は、「この人となら会ってもいいかな」って見極めるのが大切だとシミジミ感じます。

また、万が一そんな人と会っちゃったら早めに切り上げれるように仕向けることですね。

これは経験で学んでいくしかないんですが。

というワケで、中途半端な動機で面識ない方に連絡したり、直接会おうとか言わないでください。

正直迷惑です!相手をちゃんと調べて本当に会いたいとおもえてから連絡するようにしましょう。

岩澤さんのTwitterに共感して記事をかきました。

 

岩澤直美 Twitter:Naomi Iwazawa (@naomoony) on Twitter

子供の多文化×英会話教室 Culmony:Culmony