読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

これがぼくの指針!5年経っても読まれ続ける記事を生産し続けることを目指す

ブログ論 オピニオン
f:id:dandy611:20150223134040j:plain
 
「5年経っても読まれる記事をかき続けたい」

このテーマは、ぼくがブログをやっていく上での指針です。

ぼくのブログは生き方や哲学といった要素が多分に含まれています。

 

オピニオン(主張)記事やライフハックといったカテゴリー記事ばかりになっていますよね。
 
なぜこのような記事をかき続けるかというとこれらが「普遍的なモノだから」です。
社会では今だにスティーブジョブズの言葉や生き方が大きな影響を与えています。
マザーテレサアインシュタイン岡本太郎、今は亡き彼らの発言、生き様は何度も繰り返し世に出され続けています。
 
このように「普遍的なモノ」というのは時空を超えて残り続け人に影響を与えていくのです。
逆に、一時の流行や瞬間的に注目される記事をかいてもその瞬間はもてはやされますが、時が経てば捨てられて終わりです。
 
ブログにはそれが「PV」(ページビュー)となって数値として顕著にでます。
一瞬で莫大なPVを稼ぎ出す一過性記事。爆発力はなくともコツコツと読まれ続ける記事。
 
ぼくは後者の記事を生産し続けることを選びました。
ブログ記事はネット上にずっと残り続けるので、問題はそれが検索されるかどうかにあります。
 
哲学や生き方といった普遍的な記事はいつの時代も大きく変わらないので検索され続けるでしょう。
しかし、時事ネタ系の特殊な記事は一過性なので検索されません。
長期的に見れば読まれ続ける記事をかいた方がPVを稼ぎ出してくれる可能性があります。
 
5年後読まれ続ける記事をかくという指針はぼくのセーフティーネットでもあります。
今はピンピンしてますが3年後、5年後にもしかしたら事故にあったり病気になる可能性もあるワケです。
もし、ブログを一時的にかけなくなったとしても読まれ続ける記事をかき続けていれば、ぼくがベッドにいる間もブログがそれなりの収益を出してどうにか生きていけるでしょう。
 
息の長い記事をかくのは自分が生き残る為の戦略でもあるのです。
また、ぼくは爆発的なPVを稼がなくとも息の長い記事を生産できることに価値を見出しています。
これはぼくの自分勝手な価値基準です。
ぼくは読まれ続ける記事を生産し続けることで自分の存在意義を感じられてますし、それが喜びです。
 
5年後でも読まれ続けるような記事をかきつづけること。
この指針に腰を据えて取り組んでいきます。