読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

渋谷区同性カップル証明書発行の件。否定意見の人々は多様性を受け止める想像力が必要。

社会問題 オピニオン
 

みなさんもご存知の方が多いとおり、渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を提出することを決めたワケです。

 

 

しかし、やはり賛否は別れてるモノなんですが、それにしても否定意見を観てぼくはビックリしたので意見を述べようとおもいます。
 
 
否定意見は以下の通りです。
 
1.これは人間の生物としての存続を否定する判断だと思っています。
 
2.この渋谷区の条例案が憲法違反の可能性が高いことは別にして、結婚というものは男と女がするものであり、同性同士でするものではない。国家や人類の繁栄・存続を否定するものであり、個人の権利擁護の観点だけで議論すべきではない。個人の自由も大事だが、もっと大切にしなければならないものがあるのではないか?
 
3.純然たる「憲法違反」。法治国家としてあるまじきこと。ただでさえ守られていない憲法が、さらに形骸化し、諸外国の懸念を招くだけ。きちんと手続きを踏みましょう。 「第24条 1.婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、」 「両性」を「両方」「両者」「双方」などに書き換えるまでは憲法違反です。憲法改正運動がんばってください。
 

子供を産むことだけが生物の存続行為ではない

1の方が言うとおり、人の目的は「生物の存続」。それはおっしゃる通りです。

しかし、子を産むことだけが生物の存続だとはぼくはおもいません。

例えば、現代には両親がいない子供たちがたくさんいます。そういった子供たちを養子として引き取り育てることも一つの「生物の存続」ではないでしょうか?

同性同士だから子供を産めないというケース以外に身体の体質で子供を産めない女性もいるワケです。

子供を産めないというだけで生物としての存続から脱線したということになれば、そういった方々も否定することになります。

2人の間で子供を授かることだけが生物の存続行為ではなく、別の選択肢もあるとおもうんですね。

 

男女だけが愛し合うという幻想を消す

2について、「結婚は男と女でするモノ」その考え自体が申し訳にくいですが、古いとしかいいようがありません。

LGBTの方々も同性を好きになりたくてそうなったワケではありません。生まれた時から「そういった性的指向で生まれた」のです。

現在LGBTの割合は20人に1人といわれています。ということはみなさんの学生時代のクラスに1人、2人はそういった方たちがいたということです。

iPhoneをつくっているAppleのCEOティムクック氏も自らがゲイであることを公言しています。

ようやく性的マイノリティーの人々がカミングアウトできる光が見えてきた現代において、大切なのは男女だけが愛しあうという幻想を消し、LGBTの目線からも物事を考えていただくことだとぼくは感じます。同性愛も立派な愛です。

 

憲法違反=ダメという考えを捨てる

3について、憲法違反ということですが、憲法が全て正しいという思い込みからワタシ達は様々な想像力を奪われているように感じます。

戦争の時代も戦争が正しいという同調圧力から戦争に疑問視を投げかける多くの人々が「売国奴」と呼ばれ罵られてきたワケです。

人は完璧ではありません。憲法も人がつくったモノなので決して完璧ではないのです。

憲法に違反してるからダメでは何の発展も生まれない。

多様性を受け止めるには憲法から歩み寄らないといけない部分も出てくるでしょう。

憲法違反=ダメという浅はかな考えは捨て自分のアタマで考える必要があります。

 

終わりに

今回の同性愛の証明書発行にせよ。多様性を認め、社会を寛容にしていく動きには様々な賛否が生まれるとおもいます。

その際に大事にしていただきたいのが「人としてどの道を選択するのが社会の繁栄に結びつくのか」ということと「自分と違う価値観、身体で生まれた人たちの立場で想像力を働かせた時、その人たちも喜ばしいかどうか考えること」だとおもいます。

どのような方でも、社会に生まれてよかったとおもえる寛容な社会を築きたいですね。


このブログを読んだ方に読んでもらいたい記事!

同性カップルでも「結婚に相当」の条例案、なぜ生まれた? きっかけつくった渋谷区議に聞く【LGBT】