読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

目標を持てない人へ。目標ではなく野望を持てばテンション上がるよ!

ライフハック オピニオン
f:id:dandy611:20150220183109j:plain
著作者: Au Kirk
 

目標を持つコトをワルいなんていう人はいません。

目標が全てではないけど、達成感は大切だから持つにこしたことはないとおもいます。

 

ただ、目標を持てと言われても持てない人ってたくさんいるとおもうんですよ。
 
やっぱり目標って堅苦しいじゃないですか。何か。
どうしても周囲にもカッコがつきやすいモノを考えてしまって頭がゴチャゴチャになってしまいます。
 
本当は目標はもっと独善的でいいのですが、もっと社会的意義あるモノにしてつい周囲に見栄をはりたくなる気持ちも分かります。
 
そこで思ったんです。目標って言葉自体が堅苦しいからではないのかと。
そこで目標という言葉を言い換えましょう。
 
これから目標ではなく【野望】と言い換えてみましょう。
 
野望の意味は、
分不相応な望み。また、身の程を知らない大それた野心。
 
言葉の通り、野望ってスゴい自分勝手なニュアンスですが、自分勝手だから目標って存在するとおもうんですよ。
ぼくたちは、他人の人生を生きてるんじゃなくて自分の人生を生きてるんですからね。
 
 
しかも、野望ってどこかゾクゾクしますよね。笑
気分変わりません?
人生は自分が主人公だ!みたいな雰囲気を醸し出していてテンション上がりますよ。
 
目標って考えちゃうと思考停止してしまう人も野望だったらクリエイティブに考えられるはずです。
少年ジャンプの主人公のように自分のやりたい野望をイメージしてみてください。
 
そして、その中で心からワクワクしてやりたい!っておもったことがみなさんのやるべきコトで、向いていることですよ。
 
目標ってその日持った時にはテンション上がるけど次の日には、昨日のテンションが嘘のように冷めてたりしちゃうんですよね。
でも、野望なら持続性がありそうですね。
 
分不相応な望みをつくっていいんです。一度しかない人生なんですから多少無茶な人生の方がワクワクするじゃないですか。
 
野望を持ちましょう!