読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

過去がどうであったかを掘り下げてばかりいても何も生まれない。

オピニオン

過去を掘り下げて、それにこだわりばかりみせる人間が存在する。

 
ぼくは過去の話をほとんどしない。
というか過去に興味がない。

 

その人が昔、どうであったかよりもその人が今どんな人間であるかに目を向ける。
正直、昔詐欺師であったとしても、たとえ受刑者でも今面白い人間であればそれでいいとおもう。
 
どうして、ぼくはこう考えるかというと。
人は小さい時でもワルいことを何かしら犯してるからだ。
 
「いじめに加わったり」、「万引きをしたり」、「未成年なのに喫煙をしたり」。
人に程度はあればこそ、何からワルいことをした記憶があるのではないか。
当然、ぼくにもあって昔万引きをしたことがある。
 
バカなことしたな。とずっとおもってたけどそれは事実だ。
 
車の法定速度を守っている人もほとんどいないこの世の中で、法的にワルいことをしたことがない人を見つけるのも難しい。
 
だから、過去を掘り下げてばかりいる人はそういった自分の行いを棚に上げるか、よっぽど潔癖に生きてきてそれを他人に押し付けるかの2択だ。
 
人は過ちを犯す生き物だ。
でも、そこから学習できるのも人だ。
 
過去の行いを恥じて学習できればそれでいいじゃないかとぼくは考える。
 
過去をいくら掘り下げても何も生まれない。
だから、これから人の過去はどうあれ今面白いと自分が直感的に思える人とは信用して付き合って行こうとおもう。
裏切られるリスクは勿論背負いながら。