エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

日本のアスリート界は学校!タトゥーしている人を誰も見かけない不思議。

スポンサードリンク

日本のアスリートでタトゥーをしている人をほとんど見かけませんね。

ぼくはこの光景が不思議だなーと常に感じています。
海外だったらトップ選手でもたくさんいます!
 
水泳選手も。
f:id:dandy611:20150218082126j:plain
 
陸上選手も。
f:id:dandy611:20150218082309j:plain
 
サッカー選手も。
f:id:dandy611:20150218082454j:plain
 
柔道選手も。
f:id:dandy611:20150218082652j:plain
 
バスケットボール選手も。
f:id:dandy611:20150218082935j:plain
 
女性アスリートも。
f:id:dandy611:20150218083209j:plain
 
f:id:dandy611:20150218083602j:plain
 
f:id:dandy611:20150218083801j:plain
 
この選手のタトゥーなんてスゴイな!
f:id:dandy611:20150218091309j:plain
引用元:http://www.goal.com/jp/news/126/フランス/2015/02/16/8965322/イブラヒモビッチ全身タトゥーの真意を説明-飢餓問題を世界に訴える
 

 タトゥーは自己表現

ぼくは元々ずっと陸上をしていたのですが、陸上の日本選手権を観ていてもタトゥーをしている選手を全く観たことがありません。
しかし、世界選手権になれば海外トップアスリートでタトゥーをしている人の多さに驚かされるんです。
 
「何でこんなに海外のトップ選手はタトゥーしてるのに日本人は誰もしてないんだろう?」
 
タトゥーをするのが正しいなんてぼくはおもいません。
ただ、タトゥーを入れることに対して「ヤクザのようだ」とか「産んだ親に失礼」とかおもう人がいるかもしれませんが、そんな考え事態が古いんです。
 
タトゥーは一つの自己表現くらいに捉えればいい。
料理好き、読書好きがいるようにタトゥー好きがいていいんですよ。
 
また、タトゥーは自分のアイデンティティを強めるのに大きな効果をもたらすようにおもいます。
アスリートはエゴが強くないとパフォーマンスも十分に発揮できないので、日本でタトゥーするアスリートをほとんど見かけないこと事態が不健全です。
日本でも「タトゥーしてもいいじゃん!」くらいに寛容になることは大切でしょう。
 

アスリートを子供扱いしすぎ、 スポーツの勝負はもっと泥臭い

日本人は、アスリートを綺麗なモノ扱いしすぎです。純粋性を求めすぎです。
だから、日本のアスリートは成人になっても学校の延長線上のような扱いをされます。
そんな意識がアスリートを縛り、アスリートの精神性や競技力の向上を妨げてる部分はあるとおもいます。
 
スポーツは「エゴの塊のようにならないと勝てない、泥臭いモノ」です。そして、それがスポーツの大きな魅の一つでもあります。
 
言い方はワルいですけど、日本はアスリートを「子供扱い」しすぎなんですよ。
もっとアスリートを精神的に解放すべきだとぼくはおもいます。
 
それでは今日はこのへんで。
 
わっしょい!