読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

サラバ東京!宮森はやとは地方ブロガーになるぞ!

サラバ東京!コンニチハ石川! オピニオン
いきなりで申し訳ないんですが、ぼくは今日で東京を去ります。
 
20歳から8年間ぼくはこの東京という街でずっと過ごしてきました。
正直名残おしいです。

 

こんなに思い出の深い街はぼくの人生ではありません。
右も左も分からないワタシは兄とルームシェアからはじめてゼロから人間関係を築いてきました。
 
今では本当に多くの友人が東京にいるようになりました。
 
ある時は酔っ払って問題を起こし、またある時は酔っ払ってお店を出禁になり、人相が怪しいから警察に補導にもあい。笑
 
ある時は、クリエイターが集う飲み会を開き、ある時は某連続起業家、某移住プロブロガーの講演会を主催し、ある時はホームレスの遊園地貸切結婚式のマネジメントをし、ある時は、渋谷でゴミ拾い活動をし...。
 
多くの起業家、クリエイター、ブロガー、芸人などたくさんの方と交流を持たせていただきました。
 
特に、政治家を志して突如家無しヤロウになってからは、知り合いや知り合いの知り合い、全く面識のない人々までたくさんの方々に泊めていただいて、本当にお世話になりました。
人間のつながりがここまで素晴らしいモノだと感じさせられる素晴らしい体験でした。
 
ぼくは、言葉で表せないほど東京から多くのことを学んだのです。
 
その東京を出て地元石川県に帰ります。
石川県でプロブロガーになります。
 
プロブロガーになって、この運営している『ミヤモ the Media』から素晴らしい人、サービス、情報を伝えます。また、社会問題についてや自分の体験、経験談など様々な記事を発信していきます。
 
 
ぼくは数えきない人々にお世話になっております。
ぼくはもう自分の人生を自分だけの人生とはおもえていないんですね。
なので、その人々に恩返しできるように、またぼくの成長を観ていただけるようにしたいとおもいます。
 
昨日、ぼくが一番お世話になり、ご支援頂いた今泉さんとお会いしました。
今泉さんには先にぼくがプロブロガーになることをお話しました。
 
今泉さんは現在、中国語が堪能でそれを武器にビジネスを展開しています。
今泉さんは中国語を完全に習得するまで10年の月日を費やし、今の活動に役立てております。
 
ぼくも10年スパンで考えてこれからの活動をやっていこうと昨日考えさせられました。
そして、そこまで自分のやるべきことを追求できたなら、何かしらの形になるとぼくは信じてやっていこうとおもいます。
 
石川県に帰るといっても、東京はぼくにとってかけがえのない刺激的な街です。
ゆくゆくは、というか近い未来で石川県と東京を毎週往復して活動をおこなっていきます。
 
そして、東京と石川を繋ぐ架け橋のような存在になれたらとおもっています。
18歳から故郷を出てもう10年経っていますので、ぼくは完全なソトモノです。
ソトの人間が入って、石川を盛り上げる活動を自分のブログなどを通してやっていきたいです。
 
ちなみに石川県は新幹線が今年から通るのでかなり盛り上がってくるかとおもいます。
全く狙ってないのですがこのタイミングで帰るのは何かの巡り合わせかなと。
 
当面の目標は、
 
ブログ収益化とゴミ拾いチーム渋谷パレードの復活です!
 
実は昨日、ペインターのChigusa Kondo氏から依頼していた渋谷パレードの看板を受け取りました!
スケボーに描いていただいたのですが、めっちゃくちゃカッコいいデザインなんですよ!
 
これヤバくないですか?!
f:id:dandy611:20150210143550j:plain
Chigusa氏にこんなカッコいいデザインしていただいたら、早く復活させたいじゃないですか!笑
というワケで、渋谷ゴミ拾いどうすんの?!というお話を多数いただいてましたが復活させますのでご安心ください!ただ、時間がまだかかるのでちょっと待っててくださいね。
 
ぼくは政治家からは撤退しましたが、自分のビジョンは全く変わっていません。
日本をもっとワクワクさせたい。寛容な社会を築くために取り組みます。
そして、自分の人生のやるべきことを全うしたいのです。
 
というワケで、ぼくは東京に消耗して帰るワケではないので引き続き東京のみなさんよろしくお願いします。
 
ただ、一つの区切りなので一言!
 
「サラバ!東京ーー!!」
 
石川県のみなさんぼく帰るのでよろしくお願いします。
とおぶんは自宅で集中してブログ執筆ですが、お時間ある方はどうぞお会いしましょう。
 
宮森はやとの人生は続く。