読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

技術に自信ない人はスピードを意識してみたら?スピードはクオリティーを凌駕する!

オピニオン ライフハック

f:id:dandy611:20150209150640j:plain 

引用元:GANREF | 疾走

 
スピードはクオリティーを凌駕する』って言葉もう大好きです。
 
っでこの言葉伝えただけでもう十分なので、これ以上何も書きたくありません。笑
...そうもいかないのでかきますが、
 

 

スピードが速いだけで信用が生まれる

『スピード』っで本当に重要なんですよ。
 
たとえば、メールの返信が早い人はそれだけで信用されます。
待ち合わせに早く来る人はそれだけで信用されます。
人の頼み事を二つ返事で了承する人はそれだけで信用がもてます。
仕事の提出期限より大幅に早く仕上げて来る人はそれだけで信用がもてます。
 
という風にスピード速い人はどこいっても通用するんですね。
っで多少仕事が粗くても、クオリティーは経験でともなってくるので、いずれ『スピードも速いし、クオリティーも高い人間』が出来上がってくるんです。
 
こんな人間社会がほっておくとおもいますか?
ほっとかないですよ!
 
世の中にいい仕事する人ってたくさんいますが、スピードを伴った人になると途端に少なくなるというのがぼくの実感値としてあります。
なので、スピード速いのはそれだけで「武器」です。
 

ビジネスでも芸術分野のクリエイターでもスピードを考えてみよう

 
また、スピードの重要性を数字的に表しますと、
 
たとえば自分が画家だとして、年間に3枚ペースで絵を30年出し続けて90枚です。
それがもし年間12枚ペースであれば360枚になるワケです。
これをどちらでもクオリティーは同じだとします。
 
自分の絵を一つ100万円で売ったとして、
前者は、年間売り上げ300万円で、30年間での売り上げが9000万円です。
後者は、年間売り上げが1200万円、30年間で3億6000万円です。
 
30年で2億7000万円もの差が出ますよね。
また、世に出してる絵の枚数が違うので、必然的に人目に触れる回数にも大きな違い出てきます。
後者の方が絵以外の仕事が舞い込む可能性が相当高いです。
 
こうやってみると全然違ってきますね。
ビジネスでも芸術分野のクリエイターでもスピードを意識するってとても重要ですよ。
 
ぶっちゃけ時間をかければそれ相応の作品を世に送り出すことは誰でも可能だとおもいます。
ブログも一緒です。
やはり、スピードが速いかどうかで勝負は決まってくる。
少年ジャンプで連載されてる方を想像すれば分かりやすいとおもいます。
 
毎週の連載にも関わらずクオリティーを極限まで高めて読者を楽しませてるワケですから。
 

スピードが速いと運が上がる

また、スピーディーに物事をこなせる人は、信用が得られるのでその分機会に恵まれることが多いです。
 
「あの人は仕事が速いから、こんな仕事もあの人に今度頼もう!」、「あれもやってもらえないかな?」
とその人と仕事をしている様々な人が考えるからです。
 
なので、スピードが速いだけで運が上がるんです。
 
仕事が遅くて怒られことがあっても、仕事が早すぎて怒られることってないとおもうんですよね。
特に年上の方はスピード速い人をかわいがってくれるとおもいます。
 
一回スゲー中途半端な出来でも提出期限より大幅に早めに上司に出してみたらいいです。
心ある上司ならちゃんと適切なアドバイスをしてくれますし、提出期限より早く出そうとしたアナタの姿勢を買うはずですよ。
 

まとめ

⚪︎技術に自信がない人は、スピードを早めることに注力。
⚪︎スピードを速めれば経験数が増えて、いずれクオリティーも伴ってくる。
⚪︎スピードを速めると信用が生まれて運気が上がる
⚪︎スピードが速いと年上がかわいがってくれる