ぼくは画家としてメシを食う

芸大も行っておらず、絵の勉強もしたことがない男が画家として生きていくための軌跡を綴ります。

ぼくは画家としてメシを食う

Forever,Change

画家活動

【6月8日〜6月11日】宮森はやとの初めての個展 詳細発表。

こんにちは、画家のみやもです。 ギャラリーを借りての初めての個展まで残り19日に迫りました。 まだ肝心の時間と場所を発表できておりませんでしたので、今回させていただきます。

【宮森はやと】アポなしでキャンプファイヤー社に押しかけ、作品を展示してもらう!

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくは2月にぼくの活動を応援してくださる「年間サポーターを募る!」というクラウドファンディングをキャンプファイヤーにて実行し、60万円近くの資金をいただきサクセスしました。 camp-fire.jp

個展まであと1ヶ月になりました!

こんにちは、画家のみやもです。 先日、初めてギャラリーを借りて個展やるよ!というブログを書きましたが、その個展まであと1ヶ月となりました。 関連記事:【ご報告】宮森はやとは6月に個展を開催します! もう頭の中は個展のことでいっぱい。 どんな個展…

【ご報告】宮森はやとは6月に個展を開催します!

こんにちは、画家のみやもです。 この度、6月に初めてギャラリーを借りて個展を開きます。 もうギャラリーも押さえています。 画家になってからぼくの活動を応援してくださってるみなさんにずっと生で自分の作品を見ていただきたいと思っていました。

もうぼくにはアートしかない。スーパーサイヤ人になりたい。

今のぼくにはもうアートしかない。 アートくらいしか自分の存在意義を確かめられる手段を知らない。 だから、目の前のキャンバスに向かって常に全力で自分の体重を乗せて絵を描いて行こうと思う。

神様は残酷だ。

今朝、ぼくがアップした作品がこちらです。 作品名「The Rainbow」 この作品がどのようにして出来たかというと、昨日、ぼくにとってとても悲しい出来事があったんですよ。 それが本当に辛くて辛くて仕方なかったんです。

辛い。

人生には、辛いと思う日がいくつかあるとおもうのですが、今は辛いですね。 自分が良かれとおもったことも全部裏目に返ってくるという。 どれだけ真剣でも、どれだけ一心でも、それが「迷惑になる」というコトがあるのです。

行動を続けていれば他人の見る目は変わる。

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくが去年の10月に突然画家になった時は、まぁしっちゃかめっちゃか言われて炎上しました。 あの時は、ほとんどの人が「画家もどうせすぐ辞めるんだろww」と思っていたことでしょう。 ラッパーをたった2ヶ月で諦めたんです…

アーティストは「スケールが大きくてなんぼ」だと思う件。

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくはアーティスト業というのは一種のエンターテイメントだと思っています。 自らの作品でもって人に喜んでもらったり、励ましたり、何か感じてもらうことが大切だと感じているのです。 ですから、そんなアーティトにおいて…

すべてのアーティストに漫画「天」の16巻〜18巻を読んでほしい!

こんにちは、画家のみやもです。 音楽家、漫画家、小説家、書道家、彫刻家、陶芸家、画家といった「アーティスト業」というのは本当に特殊な職業だと思っています。

駆け出しのアーティストやクリエイターは下手でもいいから作品を発信しないと損ですよ。

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくは画家になってまだ半年の駆け出しです。 ですから、まだまだどうやって画家として生きていけるかは全然分かりません。笑 いつも試行錯誤です。

抽象画を理解してもらうには時間がかかる。しかし、抽象画こそ本質的なアートだと思う。

こんにちは、画家のみやもです。 絵には数え切れないほどのスタイルがありますが、絵といえば風景画や静物画が一般的でそれを「模写」したような絵を人は「上手い!」と感じると思うのです。

アーティストは「世界平和」を目指すことを前提に活動していくべきだと思う。

こんにちは、画家のみやもです。 アーティストは自分の好きなこと、自分のやりたいことを純度高く活動していく職業だと思います。 音楽家も漫画家も彫刻家も陶芸家も画家もその他のアーティスト業もみなさんそうでしょう。

それくらい分かりなよ、アンチたち。

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくはよくアートの話でバスキアや岡本太郎の名前を出すんですけど、そんなビッグネームのことを書くと、 岡本太郎の「アートは石ころと同じ」を自分勝手に解釈する前に、自伝読むなり生田や青山の美術館に行ったら?アート…

アーティストは孤独であれ!

こんにちは、画家のみやもです。 ぼくのアート活動も気づけば半年以上の時間が経ちました。 画家の友人を一人も作らなかった ぼくのこの半年間で特徴的なことの一つは、画家の友人を一人も作らなかったことです。

アートなんて絵の具の無駄遣いなんですよ!

こんにちは、画家のみやもです。 アートは絵の具の無駄遣い 先日、このようなコメントを見かけました。 宮森はやとの新作を見た。絵の具を無駄づかいしてないか? — TJ (@ttkg444) 2018年4月10日

批判に感謝したことは一度もない。応援の言葉が糧になる。

画家になって半年が経ち、自分なりに創作を続け、作品を発信しております。 そうやって作品を発信してきた中で、嬉しいことに応援や賛辞のお言葉をいただいております。 すごいなー、作品重ねるごとにメキメキ上達してますよね!!! — 小笠原由季@Sampaguit…

【宮森はやと】クラウドファンディング資金で絵の具を大量買いしました!

画家になってから切実にに思うこと。 それは、 「絵の具っていくらあっても足りねぇぇぇーーー!!!」

宮森はやとiPadを購入!これからデジタルアートにも手を出していきます!

こんにちは、画家のみやもです。 昨日、イケダハヤトさんにぼくのアート活動を応援する「年間法人サポーター」になっていただけたというブログを書きました! 関連記事:【マネーの虎】イケダハヤト氏に法人サポーターになって頂き、60万円の資金を調達しま…

傷つきながらも突き進むのがアーティストの生き方。

画家となりアーティスト活動をしてきて5ヶ月以上が経ちました。 この期間だけで、数え切れないほどの心無い中傷や批判を浴びてきました。 新しい作品を描けば「ただキャンバスに絵の具を塗りたくっただけ。芸術を何も分かっていない」と叩かれ。

宮森はやとは一流の「三流アーティスト」で在りたい!

タイトルはキャッチーですが、真面目にぼくが「アーティストとしてどう在りたいか」について書きたい思います。 ぼくは自分の絵が上手いとか、才能あるなんてこれっぽっちも思っていません。 しかし、ぼくのように絵が上手くない人間が画家を目指しちゃいけ…

クラウドファンディングを終えて

こんにちは、闘う画家のみやもです。 インターネットから3日ほど離れていました。 この期間は正直、あんまり元気が無かったです。 しかし、今はやっとそんな気持ちも回復してきましたね。 応援してくださってるみなさん、ご心配をおかけしました。

インターネットから3日ほど離れます。

ぼくはインターネットによって生かされてきた部分がたしかにあります。クラウドファンディングもインターネットが無ければ生まれていないサービスです。 インターネットには本当に感謝しています。 しかし、インターネットによって傷つけられてきたのもまた…

クラウドファンディングがサクセスして

こんにちは、闘う画家のみやもです。 各SNSでも既に報告していますが、昨夜クラウドファンディングが無事サクセスしました!!!

代々木公園に住むホームレスのダンボールを4万円で買って、世界平和の絵を描いたら感動しか生まれなかった!

こんにちは、闘う画家のみやもです。 突然ですが、みなさん人生闘っていますか? 羽生結弦選手がオリンピックで2大会連続の金メダルを取り、藤井聡太5段が史上最年少で棋戦に優勝し、同時に初めての中学生6段にもなりました。 今、日本は彼らの闘っている姿…

自分史上最高のブログが書けました!

自分史上最高のブログが書けました! 「死んだら棺桶に入れて欲しい」ほど思い入れが強いです。 本日20時にアップ予定。 ぜひ読んでください。 わっしょい!

宮森はやとが「分かりにくい」クラウドファンディングに挑戦している理由。

こんにちは、闘う画家のみやもです。 2月14日のバレンタインより宮森はやとのが画家活動を応援する「年間サポーターを募りたい!」というクラウドファンディングを開始しました。 ラッパーを2ヶ月で諦めた無名の画家 宮森はやとの年間サポーターを募りたい!…

【クラウドファンディング】ぼくの闘いが始まりました!どうか力を貸してください。

「何者かになりたい」 小さい頃からそんなことをぼんやりと考えていました。 小学校の頃は卓球選手になりたいと思いました。 中高は陸上選手に強く憧れました。 しかし、才能が全然ありませんでした。 特に、陸上は「いくら努力しても自分はこの程度なのか。…

【クラウドファンディング】宮森はやとのプロジェクト文章を全公開します!

こんにちは、闘う画家のみやもです。 クラウドファンディングの申請が無事おりました! いやー良かった。パチパチパチ!

クラウドファンディングの日が間に合いません!ごめんなさい!

こんにちは、闘う画家のみやもです。 先日、宮森はやとの画家活動を応援する「年間サポーター」を募るクラウドファンディングを2月12日(月)から開始するとブログで高らかに書いたのですが。 関連記事【三度目のクラウドファンディング】宮森はやとは初めて…