エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

実家話

実家暮らしを快適にするために現役ニートが実践している5つの方法

ぼくは現在、石川県の実家で暮らしながらブログをかいて活動しています。 ぼくは家族とも仲良くやってるし、実家暮らしに対しては問題もなく快適に利用しているとおもいます。 しかし、世の中には、実家に居ずらさを感じている人もいるとおもうんですよ。 特…

夜中に家の窓から後輩が押しかけて来た話。いざという時に強引になれる人間を人は応援したくなる。

これ昨日の話です。 夜中にいきなり保育園から一緒だった後輩が押しかけてきたんですよ。 しかも家の門からではなく、ぼくの部屋の窓から。笑(ちなみにぼくの部屋は1階です。)

父への借金返済がはじまりました。これから毎月2万円ずつ返済していきます。

ぼくは父に85万円の借金を肩代わりしてもらってるんですよ。 詳しくはこちらの記事にて。 ぼくの借金85万円を父が全額返済してくれた話 - 未来は変えられるの?www.miyahaya.com

金持ちになりたい兄に伝えた。お金は困った時のため、家族のためではなく「自分の為に稼げ!」

東京の兄が急遽、実家に帰って来て昨日深夜に話していたんです。 テーマは、「お金について」。 兄(未婚)は、ぼくと違ってしっかり働いてる人です。 港区の高級住宅街で間取り2DKのマンションに1人で住んでるので、それなりに稼いでる感じです。

金子ノブアキのカッコよさに白旗!ロン毛にしようとしてたけど、やっぱりボウズにした。

こんにちは。昨日までロン毛にして、モテヘアーを画策してたミヤモです。 5ヶ月以上髪の毛を伸ばし続けていました。 1年近く伸ばして少しパーマでもかけたら、男の色気みたいのが出て、女子にモテるんじゃないかとおもってたんです。 しかし、昨日モテキと…

父に「息子が壊れた」と言われ、母に「芸能人と結婚しろ」と言われた。

ぼくは実家でブログかきながら暮らしています。 最近父に連日「息子が壊れたー」と言われます。 ぼくは普通に暮らしてるつもりですが、父にとっては普通でないと見えるのかもしれません。

平日の昼間から公園で一人でピクニックしてみた!

先日、ブロガーの坂本さんと「ブロガーピクニック」してきたんです。 平日の昼間からブロガーと公園でピクニックしてみた! - 時速4キロの野望www.miyahaya.com これがかなり楽しくてですね。 公園でピクニックってイイなーとおもちゃったんですよね。

平日の昼間からブロガーと公園でピクニックしてみた!

ぼくの住んでる石川県津幡町に、「坂本、脱藩中」を運営されてるブロガー坂本さんが遊びに来てくださいました。 坂本さんは高知県出身で現在、石川県七尾市在住、老舗旅館に勤めながら石川県情報や独自の恋愛観記事が評判のブロガーです。 ・【坂本、旅館で…

ぼくが地方統一選挙に出馬しなくて本当に良かった話

ぼくは今月に入ってずっと調子が悪かったです。 なぜかと言うと、地方統一選挙がはじまったからです。 ぼくのプロフィールにもかいてありますが。 <a href="http://www.miyahaya.com/entry/2015/03/21/121600" data-mce-href="http://www.miyahaya.co…

田舎でもかよ!不審者に間違われた話

みなさんは自分が不審者に間違われた経験がありますか? 東京で不審者扱いされた ぼくは東京に8年間住んでました。 その間に中野で1回、渋谷で4回、計5回の職質にあってます。 渋谷で4回の内の2回は1日で起こりました。笑

誹謗中傷ともいえる批判記事に冷静に答えてみた!

今日ぼくに言及記事が来ました。 <a href="http://lets0720.hatenablog.com/entry/2015/04/18/143546" data-mce-href="http://lets0720.hatenablog.com/entry/2015/04/18/143546">いい加減にしろよこのクズ野郎 - クソログ</a>lets0720.hatenablog.com もうタイトルが痛烈ですね。個人への中傷と言っていいタイトルです。

父がクズ人間のぼくの借金を全額返済してくれた理由

昨日のぼくの借金記事ですが。 ぼくの借金85万円を父が全額返済してくれた話 - ミヤモ the Mediawww.miyahaya.com 見事なまでに拡散されまして。 大批判、大賛同の嵐でした。 傾向的にザックリ言うと、ぼくのことをちょっとでも知ってる人は「父ヤバい!面…

ぼくの借金85万円を父が全額返済してくれた話

とうとうこの記事をかかないといけない時が来ました。 タイトルの通り、ぼくには借金があったのです。 どうしてぼくに借金があるのかまずは話させてください。 ぼくはずーっと営業の仕事を転々とやってきたんですね。 っで、ある大手の家電で販売の仕事をし…

母親との関係が嘘のように良くなる。ぼくの3つの体験談

母親との関係に悩んでる人が世の中にはたくさんいるとおもいます。 著作者: ProFlowers.com ぼくは引きこもりなので、一日中家にいますし、母と接する割合が特に多いんです。 そんなぼくが、どうやって母親との関係を築いてるのか? ぼくの3つの体験談を紹…

「特別感って大事!」お酒禁制の我が家で母がまさかのビール買ってくれた話

以前ブログでも何度かかいてますが、我が家は本当にお酒を誰一人、一滴も飲みません。 驚くかもしれないですが、両親、兄誰一人お酒を普段から飲まないのです。 お酒飲むのは、親戚が来た時や仕事仲間と飲む時くらい。家族の外食でさえみんな飲みません。 …

家族、親戚から信用を失くし「狼少年」と呼ばれている話

あのエイプリルフール記事以来、ぼくはすっかり親族から信用されなくなりました。 実際、カミングアウト記事を投稿する前に親戚から、「アイツは本当に何をやってんだ!」的な電話が来たりもしたのです。 おそらく、Facebookや噂を通じて親戚にまで拡散され…

農業手伝い!重さ5キロの苗を260個並べるという超単純作業をしてきたよ!

4月某日。みなさんおはようございます。現在時間は朝の6時半前でございます。 えっ?今日ぼくがどうしてこんなジャージ姿なのかって? 今から、父の農業の手伝いをするからなんですよ。 実家に居候の身なので、「せめて農家くらい手伝え!」ということで行…

8年の東京暮らしから急に出戻ったぼくだから分かる。家族の応援を勝ち取る4つの方法

実家暮らしも、もう1ヶ月半以上が経ちました。 8年以上東京で暮らして急遽実家に戻ったぼくですが、まぁー色々ありました。 今は平穏な日々を過ごしブログに集中できています。 プロブロガーを目指す上で、欠かせないのは家族の応援でした。

石川県『新幹線の見える丘公園』。名前がストレートすぎてワロタ!w

「ウチの町には、新幹線が見える公園があるのよ」 ぼくが住む石川県津幡町は、富山県と石川県のちょうど間に位置しており、新幹線の線路が町の中に敷かれているのです。 北陸新幹線が開業するずっと以前から、母はその話題をしきりにぼくに出していました

ニートブロガーにまた壮大な奇跡が!こんなことあっていいのか?!

みなさん絶賛ニート中のぼくにまたヤバすぎる奇跡が起きてしまいました! まず、結果から申し上げましょう。 ドン!

ニートブロガーが語る!両親に応援してもらう技術

ぼくは現在、絶賛ニートです。 プロブロガーになる為に引きこもってます。 引用元:歌手に戻ったJYJ、スペインの観衆と音楽で一つになる | JYJ 最新RT情報 最近ようやくこんなニートなぼくも両親の応援を勝ち得てきました。 今日はいかに両親からの応援をつく…

ぼくの散歩コースを紹介します!田舎暮らししたくなっても知らないよ!

前記事で散歩のススメについてかきました→月間150キロ以上歩く男の散歩のススメ。散歩は憂鬱から抜け出す手段。 - ミヤモ the Media ぼくのいつも歩いてる散歩コースを紹介します。15分の散歩バージョンです。 「さて、ブログ1記事かいたし散歩に繰り出そう…

感涙!実家に謎の荷物が届いた話。

今朝のことです。 家のインターホンがなりました。 母「はやとー!アンタ宛に荷物が届いてるわよ!」 ぼくに荷物?なんだなんだ?

「オマエが憎くてたまらない」 兄に猛烈に嫌われてる話

先日、父との大喧嘩が無事に解決しました→父と仲直り!家族はじめての外食に行った話。 - ミヤモ the Media 引用元:怒り - Anger - JapaneseClass.jp 兄に猛烈に嫌われています 実はそれと同時並行して兄にぼくは猛烈に嫌われています。

無一文のぼくが後輩から4000円もらった話。

先日、中学、高校を通しての後輩から連絡が来ました。 久しぶりに飲みましょう!という誘いでとても嬉しかったのですが、ぼくにはあいにくお金がありません。 「ぼくお金無いのよ!」っと正直に伝えた所、「それを承知で誘ってます!笑」とのこと。 何て素晴…

父と仲直り!家族はじめての外食に行った話。

いやー長かった。 知らない人のために実はぼく父と大喧嘩してたんです。詳しくはこの記事を。 →父に否定され、大喧嘩した話 - ミヤモ the Media

今年のテーマは稼ぐ!ぼくが実家に帰って引きこもってでもブログをかき続ける理由

実家出戻り生活=引きこもり生活18日目に突入しました。 著作者: Thomas Leuthard そもそもオマエ何でそんな引きこもってブログかいてるんだ?とおもわれてる方もいるとおもいます。

誰もが両親にコンプレックスを抱いて生きている

誰しもが親にコンプレックスを抱いてるとぼくはおもっています。 これは親がいる方、いない方も一緒だと考えます。 いない方は、「親がいない」というコンプレックスを抱いているのです。

父に否定され、大喧嘩した話

著作者: Jeromy_S それは突然起こった。 ある日の昼間、父が父とぼくの昼ごはんを作ってくれた時のことである。 父が唐突に「いつまでお客さん気分でいるんだ?」 と、ぼくに言ってきた。