読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

個人による個人のためのメディア。自分を晒してどこどん自由に生きろ。

EDOMARU

Forever,Change

【女性限定】50円で旦那(彼氏)の愚痴でも何でも全力で聴く!「ハイパー世間話」はじめます。

こんにちは、みやもです。 ぼくは50円で他人の人生相談に乗るというおかしなサービスをしております。 名前を「ハイパー人生相談」といいまして、相談内容は特に問わず、何でもOKとしてるんです。

突然「話してみたいんです!」とだけ連絡もらっても困ります。返信する気も失せる。

こんにちは、みやもです。 最近、SNS経由で「一度話してみたいんです」という連絡を数件いただきました。 こういう連絡昔から頻繁にあります。ぼくのブログを読んでくれてるのはありがたいことですが、正直、困惑しています。

相談することが苦手なぼくの一番の話し相手は元カノ。

こんにちは、みやもです。 相談が苦手。一番の話し相手は元カノ ぼくは自分で「ハイパー人生相談」というサービスを立ち上げておきながら、他人に相談するのがすごく苦手なんですよ。

時間はお金より大事。人と直接会う「価値」について問い直したい

「直接会って、話してみたいんです」 この言葉を今まで幾度となく言われてきた。 「会ってみたい」と言われること自体は、とても光栄なことでありがたくおもう。 しかし、どうして人は興味を持った人に対して「直接会ってみたい」とおもうのだろうか? ぼく…

宮森はやとは、ブログタイトルを「エドマル」に変更します!

「今日はどんな本音を語ってやろうか?」 ブログをかく時、いつもそんな気持ちで挑んできた。 ブログタイトルが「どんな本音を語ろう?」だったから、それは当然のことかもしれない。 このブログタイトルに変更した時、周りから「(みやもの)イメージにピッ…

【男性へ】不倫、浮気がバレた時のために絶対行ってほしい2つのこと。

「不倫について相談したい。」 ぼくが行っている人生相談サービスにそんなメールがある日入ってきた。 今まで短大を中退する学生に「今後どうやって生きていこうか」という人生相談に乗ったり、大企業に勤めている会社員の転職相談に乗ったり、数々の相談を…

ぼくが50円で人生相談に乗る理由。感動を売り「信用経済圏」を作ること。

「何でたった50円で人生相談に乗るんですか?」 そう、相談者から質問されることがあります。 単純に、「誰かの役に立ちたい!」という気持ちはもちろんです。 しかし、もう1つの理由の方がいろんな人の参考になるとおもうので、そっちを今日は話したいとお…

ぼくが結婚式に行かない理由を赤裸々にまとめてみた。

「結婚式はビジネスだ」 昔、そう自慢気に語っていた知人がいた。 結婚式はうまくするとお金がかなり儲かるそうだ。

炎上ブロガー宮森はやとを説教する権利を売って気付いてしまったたった1つのこと

こんにちは、ブログでよく炎上するみやもです。 ぼくはつい先日「炎上ブロガー宮森はやとを説教する権利」と銘打って、ぼくを1時間好きなだけ説教できる権利を5000円で販売してみました。 www.miyahaya.com このブログがかなり拡散されSmartNewsにも取り上げ…

50円人生相談が楽しすぎる件。依頼者の声掲載&名前を変更しました!

こんにちは、みやもです。 ぼくは1万円いただいてた相談料を一気に50円にするという試みをしました。 www.miyahaya.com この試みは、様々な賛否両論を呼び、ネットでちょっとしたニュースにもなりました。 ブログを書いた次の日から早速相談が入り、この10日…

【限定1名】炎上ブロガー宮森はやとを説教する権利を売ります!

毎度お騒がせしております、炎上ブロガーのみやもです。 いつも何をしでかすか分からないので「ブログ界のジャックナイフ」と名乗っております。

電通に入社したが「人生の負け組」だと思い込んでるアラサー(男)の相談に乗って。

こんにちは、みやもです。 「電通」と聞いてみなさんはどんなイメージをするでしょうか?

宮森はやとがブログでネット上に「銀行口座を公開」したらどうなったか?

こんにちは、みやもです。 ぼくは三日前に突然、「50円で人生相談を受けます!」というアホなことを言いだしました。 www.miyahaya.com この50円人生相談はネットで話題を呼び、すぐに完売してありがたい限りでした。 それで、もしぼくの50円人生相談を受け…

他人から相談を受ける時にぼくが心がけていること。

こんにちは、みやもです。 ぼくは昔から人からよく相談を受けることがあって、それは自分の強みの一つだとおもい有料で相談にも乗ってきました。 っで、最近「たった50円で人生相談に乗る」というアホなことも始めました。 www.miyahaya.com ぼくは上記の記…

宮森はやとの50円相談開始!「安い!」とおもった人は「銀行口座晒す」ので振り込んでください。

こんにちは、みやもです。 ぼくは去年、自分の1日を50円というタダ同然で売ったことによって大炎上しました。 以下のサイトに詳しくまとめられてます。 togetter.com この炎上の影響がもうハンパなくて3週間くらいぼくに対する批判や人格否定が鳴り止まなか…

道端で見知らぬばあちゃんに「ウチの孫探してくれ!」といきなり頼まれた話。

こんにちは、みやもです。 いきなりですけど、みなさん道端で声ってかけられますか? ぼくは20歳から東京に合計10年くらい住んでた経験があります。 東京で道端で声掛けられるなんて外国人観光客に道を尋ねられるか、知らないおばちゃんに謎のアンケートの協…

宮森はやとの脱アンチ宣言。

こんにちは、アル中ブロガーのみやもです。 拝啓 ぼくの悪口を言ってるアンチのみなさまへ。 いつもぼくのことをネット上で、しっちゃかめっちゃか言ってくださってありがとうございます。

苦手を克服しようとせずに得意なことを極めて行くべし。苦手を克服するのは非効率。

こんにちは、みやもです。 ぼくは学校時代、数学が大の苦手でした。 例えば、ぼくは中学時代のテストはそんなに低い方ではなかったとおもいます。 平均で80点〜90点くらいを彷徨ってる感じでしたね。 社会や英語が得意で90点〜90点後半を常に取ってました。 …

嫌われることのメリット。嫌われることで人間関係がラクになる。

こんにちは、みやもです。 ぼくは16歳くらいまでコミュ症で人生の半分くらい友達が全然いませんでした。 その経験から、徐々に友人ができるようになってきてからは人に気を遣い、どんな人とも嫌われないように接するようにしてきました。 「人に嫌われること…

バレンタインに暇つぶしで「ぶろるっく」というアプリを試したら大変なことが分かった。

こんにちには、みやもです。 今日、2月14日はバレンタインです。みなさん、いかがお過ごしでしょうか? このブログをあなたが今、読んでいるということは、バレンタインなのに会社のオフィスで残業し、わずかな休憩時間にネットを覗いているか。 バレンタイ…

昔、好きだった女の子が結婚してしまった話

こんにちは、みやもです。 かなり前になるんですけど、昔、好きだった女の子が結婚してしまいました。 みなさんにも過去にすごく好きだった人がいるとおもいます。 その人が結婚した時、どんな心境だったでしょうか? ぼくは、すごく寂しかったです。

宮森はやとはブログ以外にやりたいことができました。

こんにちは、みやもです。 突然ですが、ぼくにはずっとコンプレックスがあります。 それは自分に突出した技術がないことです。

好きなブロガーを応援するためにぼくが密かに実践してる習慣。

ぼくがブログを読むきっかけになったのはプロブロガーのイケダハヤトさんです。 彼とは実は、同い年で名前も同じハヤト(勇人)なんですよね。 そんなちょっとした共通点からぼくはイケダさんに興味を示し、彼のブログを何となく読んだんです。 そしたら記事…

インターネットによって、人と直接会う必要が薄れてきている。

「人と面と向かって、膝を突き合わせることでコミュニケーションが成立する」とよく言われますよね。 人と直接会うというのは、10年ほど前はとても価値があったことのようにおもいます。 「会ったことがある」という事実がお互いの情を強め、信用を確かめ合…

「下町のキンコン西野」こと宮森はやとはアル中を治すために心療内科に通うよ!

こんにちは「下町のキンコン西野」こと、みやもです。

空気を吸うようにお酒飲んでたぼくが「アル中」を卒業する決断をしました。

久々のブログ更新でこんなことを言うのかよ!という話なんですが、わたくし、宮森はやとは今日をもって「アル中を卒業する」という決断をしました。

会社辞めたい人へ。会社を辞めるのに「重い理由」が必要なのか?

「会社を辞めるには勇気がいる。」 これは、ほとんどの日本人が思ってることだとおもいます。 「一生懸命就活をしてやっと内定をもらったから。」、「3年以上つづけてきたから」、「会社を辞めてしまうと家族が心配する」。 色んな要因によってがんじがらめ…

ブラック企業に勤めてる人は「辞めたい」と言わずに「トンズラ」しよう。

先日、ブラック企業に勤めていた女性と話しました。

【中学生・高校生】不登校という生き方も一つの選択肢。

先日、中学一年生の不登校児を持つお母さんと話をしました。 息子さんは小学校から団体行動が苦手で、合唱コンクール、運動会といった学校行事をとても嫌がったようです。 そして、特にいじめといった理由もなく不登校になってしまいました。

いじめの原因は全て「いじめる側」にある。

いじめについて考えていました。 ぼくは昔、いじめに加担したことがある 告白すると、ぼくは昔、いじめに加担したことがあります。 小学生の時でした。

やりたいことが見つからない人におすすめする3つの行動

やりたいことが見つからない人ってたくさんいるなとおもいました。 ぼくは、運良く「ブログを書く」というやりたいことが見つかっています。 とはいっても、ブログが「絶対」ともおもっておらず、今の現段階では「ブログが自分にとって合うんじゃないか。」…

年上だから偉い?ぼくが年下でも関係なく敬語で話す理由。

こちらの記事が面白かったのでぼくも敬語論についてかこうとおもいます。 参考記事:貴方が何者であっても、新入社員には敬語で話すべき4つの理由 : 1分気付き見える化ブログ ぼく、年齢関係なく誰とでも敬語で話すんですよ。

高学歴の大企業勤めは過労死する前にプライドを捨てよ。

電通の女性新入社員さんが自殺した件について。 ・【電通過労死事件】被害者のツイートから浮かび上がる電通の体質 – メンヘラ.jp 上記の記事を読めば、どれだけ彼女の生活が悲惨だったか理解できます。 しかも、この女性、東大卒のエリートだったんです。 …

会社辞めたい人へ。辛い仕事を辞めるのは逃げじゃない。

ぼくがこの記事を読んで率直に感じたのは「ひどすぎる。。。」の一言だ。 過労死のラインは月80時間残業、それを大きく超える130時間とかマジでありえない。 ぼくは仕事が好きだ。 しかし、仕事以上に大事なのは本人の健康であり、何より本人の気持ちが充実…

未成年の飲酒経験者は約7割!ゲス川「活動自粛」、ミス慶應「中止」その必要が本当にあったのか?

この報道を踏まえてみなさんはどう感じただろうか? ぼくは何とも違和感を感じた。 どんな違和感というと、誤解を恐れずにいえば「未成年が飲酒をしてしまった程度でどうしてここまで大きな問題に発展してしまうのか?」ということだ。 他人の心や身体に深い…

【上司と部下の関係】日本は「がんばってるように見えない人」に厳しすぎる

こちらの記事を読みました。→「目標は過労死!」暴走した承認欲求が導き出した、完全に狂った結論 – メンヘラ.jp

たとえ努力が報われなくとも、努力した自分まで否定しなくていい。

ぼくは中高時代、陸上(長距離)をしていたんです。 陸上にはガチで取り組んでいて、中高校共に駅伝で全国大会に出場しました。 ちなみに個人では県大会3位、やっとこさ地区大会に出場できた程度です。

【大学生】やりたことが見つからないなら大学を休学することも一つの選択肢。

ぼくは大学生から「大学を中退すべきか?」という相談をよく受けます。 ぼくに相談を持ちかける大学生はほとんどが大学に実際に通ってみて大学生活に大きな疑問を感じています。 ぼく自身も関西の龍谷大学に1年半通ったのですが、大学の講義に興味を示せず、…

【人間関係】付き合いの飲み会には参加しなくていい理由

ぼくは付き合いの飲み会には参加しないようにしています。 どうしてか?

人の目を気にする人は格闘家 青木真也氏の生き方にヒントがある。

日本人はよく「空気を読む国民である」と言われます。 人に好かれたい、良い人とおもわれたい、面倒なことは避けたい、そうおもう人が大半ではないでしょうか。 しかし、そうやって人の目を気にすることで、 自分の本音が言えない 人間関係に窮屈さを感じる …

スターバックス「お客様より従業員が100万倍大切」。社員が辞めない文化。

スターバックスの理念がとても素晴らしいです。こちらの記事を読みました→スターバックスの「働き方改革」 店員が辞めない秘訣は - ライブドアニュース 上記の記事では、スターバックスがどれほど従業員を尊重しているかが伺えます。 特に刺さったのはこちら…

インターネットとは農民にとっての竹ヤリみたいなものだ。by 家入一真

スマホ片手に今おもってることをツイッターでつぶやく、フェイスブックで今日あった出来事を投稿する、インスタグラムで美しい写真を撮る。 インターネットによってぼくたちは知らない誰かにも自分の存在を届けることが可能になりました。

日本で芸能人の不倫が炎上し続ける理由はテロが身近じゃないから。

先日、ぼくが代表を務めるシェアハウス「ハイパーリバ邸」にイギリスに2年間ワーキングホリデーをしていた方が来訪しました。 その時に話として盛り上がったのが、「日本の炎上問題」です。 このイギリスにワーキングホリデーに行ってた方をAさんとします。

30年間趣味がないことに悩んだぼくが人生初めての趣味を探し当てた

ぼくは今年30歳になりました。 30年生きてきて一つコンプレックスがあったんです。 それは、全く趣味がないこと。 趣味と言えるほど純粋なモノを持てなかった 10代の頃は陸上(部活)、ファッションにハマりました。 20代になって本を数え切れないほど読んで…

【仕事】決断力がない人が実行力を高めるために知っておくべきこと

「自分には決断力がない。」、「自分のおもうように行動できない」 そう、少しでも感じている人がこの記事を読んでいるとおもいます。 決断力とは、自分自身で判断を下すこと。そして、具体的な行動に移すことまでが大切です。 とてもシンプルですけど、これ…

会社を辞めたい時、親や友人の反対に耳を傾けなくていい理由。

「仕事が楽しければ、人生の3分の1は楽しいんだ。」 これはぼくの好きな漫画の名台詞です。 男女関係なく、ほとんどの人は仕事中心の毎日を送っています。前述の言葉のとおり今就いてる仕事が楽しいか、楽しくないかが人生の充実感の大部分を決めます。

17歳で髪の毛の3分の2が白髪になった私の半生。

こんにちは、みやもです。 今回ぼくは1年以上ぶりに寄稿を依頼しました。 寄稿していただいた方は、児童養護施設で育ったうさぎさん。 うさぎさんとは、共通の知人を介して知り合いました。 先日、渋谷のカフェで初めて会って2時間ほど話したのですがうさぎ…

人間関係の悩みが嘘のように解消される方法

生きていると悩むことがたくさんあります。 その中でもほとんどの人がぶつかるのは「人間関係」の悩みではないでしょうか。 仕事にせよ、恋人、友人関係にせよ、家族にせよ、人間関係の問題というのは誰しもが立ちはだかる問題です。 他ならぬ、あなた自身も…

大学生活を「人生の夏休み」とおもっている全ての学生に最終宣告。

先日、学生の相談に乗りました。 退屈な大学生活で何か成し遂げてみたい その学生の方が言ったのは「大学がつまらないので、在学中に何か成し遂げてみたい!」ということ。 それでまずイベントをやってみたいということで「喋らない合コン」だとか、「星空の…

【人間関係】友達が少ない人ほど信用できる理由。

友達が少ない人の方が信用できる。 これはハイパーメディアクリエイターの高城剛さんの言葉です。 ぼくはこの発言に強く共感しました。 そうそう、友達少ない人の方が信用できる人が多いのですよ。 それはなぜか?